人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

小学館では10万円の領収書なんて、普通なんだろうなぁ。

まあ、大会社の編集長クラスと、三流出版社の平社員(自分です)を比べても仕方ありませんが……

人気コミック編集長、1000万円不正請求解雇(スポーツ報知)
小学館の人気コミック誌「少女コミック」(月2回刊)の編集長が架空の領収書を利用し、会社に対して1000万円以上を不正に請求したとして、6月27日付で懲戒解雇されていたことが2日までにわかった。

小学館広報室によると、解雇されたのは04年7月から同誌編集長を務めていた40代の男性社員。03年春ごろから06年春ごろにかけて、特定の店の領収書を使い、1回につき10万円前後の高額な請求を繰り返していた。男性の上司が不自然な請求に気付き問いただしたところ、本人が不正を認めたという。
3年近くもスルーされてたというのは、チェック体制の甘さもあるんでしょうが、10万円の領収書自体、珍しくないということなんでしょう。

僕なんて、著者と打ち上げ行った場合でも、領収書が2万近くなるとちゃんと落ちるか心配になりますよ……

なお、帝国ホテルの駐車場で襲われた、ベンツに乗っている出版社役員の方も相当大手のような。
不謹慎な連想ですみません。
by aru-henshusha | 2006-08-03 13:33 | 本・出版