人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

恋愛するなら、「いい人」やめろ。

ええと、相変わらず、原稿打ち込みの最中です。
しかし、いいかげん集中力が切れてきたので、気になる言葉を適当にググって息抜きしています。

で、さきほど「赤ちゃん言葉」で検索をかけていて(こういう言葉を検索している時点で相当疲れているんだろうな~)、興味深いブログを発見。
その名も恋愛博打。

恋愛をテーマにした話が満載なのですが、なかでも「恋愛取扱説明書」と銘打った一連の記事が面白いです。一例を挙げると、

恋愛取扱説明書-1。【症状】・いつも「いいやつ止まり」な僕、私。

具体的な事例は記事を参照してもらいたいのですが、恋愛において、いつも「いい人」で終わるというお悩みを持つ人は、たしかに多いはずでしょう。

そんな「クランケ」にたいして、ブログの書き手である麗さんは、
「いい人」で終わってしまいたくないなら、いい人じゃなくせばイイじゃん。
とバッサリ。

「いい人」のみなさんは、そんなこと言われてもと困惑するかもしれませんが、この言葉はなかなか的を射た発言ではないでしょうか。

ようは、次のどちらが大事かということだと思うんですよね。
「恋人未満のいい人・いい友達」の座に収まるか、「恋人orへたしたら嫌な奴」の大博打を打つか。
前者を選んでいる限りは、相手によほどの変化でもないと、いつまでも現状維持なわけで。
それじゃあ、いつまでも同じ段の跳び箱しか跳べない子供と一緒です。

また、僕は恋愛貧乏で大した恋愛経験もありませんが、本当に好きな人がいたら、自分が「いい人」かどうかなんて気にならないとも思います。

ともあれ、恋愛するときは、「いい人」を捨てたほうがいいのかもしれません。
みんなの「いい人」でいるより、一人の「いい人」になる可能性を追求すべし。なんてね。
by aru-henshusha | 2005-01-31 21:18 | 恋愛・男女