人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

今の「週刊少年ジャンプ」の部数って、全盛期の半分以下なのね。

いや、この部数でも十分すごいとは思うのだけど。

2006年11月25日: ゲーム雑誌の販売数の現状2006年編(まこなこ)
少年ジャンプ 284万(295万)  
少年マガジン 215万(236万)  
少年サンデー 100万(106万)


*すべて印刷証明付発行部数(詳しくはリンク先参照)。カッコ内は前年度の部数
で、ジャンプの(部数だけで判断した)全盛期は、1991年~95年。

発行部数(Wikipedeia「週刊少年ジャンプ」)
* 1990年5号 530万部 21-22号 503万部 37号 520万部
* 1991年3-4号 602万部 21-22号 585万部 36-37号 615万部
* 1992年3-4号 618万部
* 1993年3-4号 638万部 36-37号 643万部
* 1994年3-4号 648万部 36-37号 650万部
* 1995年3-4号 653万部 歴代最高部数を記録。

95年25号 「ドラゴンボール」終了。部数下降始まる。
* 1996年新年号 588万部
96年27号 「SLAM DUNK」終了。部数低下に拍車が掛かる。
* 1997年 405万部(年間平均)
97年週刊少年マガジンに発行部数で抜かれる。
僕が熱心に「ジャンプ」を読んでいたのもこの頃です。

600万部って、いま思えば、本当に「奇跡」みたいな数字だったのかも。
by aru-henshusha | 2006-11-27 13:54 | マンガ・アニメ