人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

高橋がなりに見る、プロの条件。

高橋がなりのブログを見ていて、思わず背筋が伸びるような記事を見つけた。

「性欲番付」という企画を考えました

ある素人が「性欲番付」というAVの企画を考え提案しているのだが、それに対するがなり氏の回答の厳しいこと厳しいこと。
ふだんは、どんな相談にも、いくらかの愛をこめて答えるがなり氏だが、今回はまったく愛がない。

詳しくは記事を参照してほしいのだが、この厳しさは、ある意味大人気ない厳しさである。
しょせんは素人が考えた企画の真似事。もうすこし優しく対応してあげてもいいのに、と思う人もいるかもしれない。

だけど、こういう姿勢が、やはり「プロ」には必要なんだと思う。

長年それで生活してきた人間が、シビアな見方をするのは当然のこと。
しかも、仕事であるからにはお金がからむ。
提案者が素人であろうが玄人であろうが、企画を出す以上、それは真剣勝負である。
「ダメなもの」に「ダメだ」と言うのを、躊躇する理由はない。

こと仕事に関しては、必要以上に大人になることはない。
妥協するべき点は妥協すればいいが、これだけは譲れないという点は、何があっても死守するべきである。

プロは、ちょっと頑固なぐらいがちょうどいい。
柔軟すぎる人間が作ったものは、えてして歯ごたえがない代物である。
by aru-henshusha | 2005-02-04 01:39 | 商品・企業・仕事