人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

カテゴリ:恋愛・男女( 328 )

駆け引きのほうは、男性もしているようですが……

実は使ったことがある恋の駆け引き行動ランキング(goo ランキング)

1 メールの返信はすぐしない
2 興味がなくても相手の好きな話題をふる
3 急にそっけない態度をとる
4 他の異性と仲良くしているところを見せる
5 急にメール・電話をするのをやめる
6 ちょっとドジなふりをする
7 大勢で会うときと二人で会うときの態度を変える
8 お酒に弱いふり・酔ったふりをする
9 相手がよく訪れる場所に偶然を装って現れる
10 デートの誘いはたまに断る


ご覧のように、相手の不安をあおるテクが横行しているようで……
また、若干共通する部分もあるのが、下の見栄っ張りテク(とは言わないか)

彼にはっちゃった見栄
*リンク先より一部抜粋

・もてるような過去の恋愛話を捏造した。
・料理が得意なフリをしているので、デートでお弁当を作る時などはもう必死!
・ほんとはもっと食べたいのに我慢した。
・家が都心から遠いけど、あまり遠いと思われたくなくて、いつも家に着く少し前に「着いたよメール」を送ってしまう。
・ほんとはまつげパーマなのに元からクルっとしてると言ってしまった。
・普段はジャージを部屋着にしているが、彼がお泊りの日は可愛い部屋着ワンピースを着る。
・常に自分より彼氏の方が好き度が高いように振舞っている。
・本当は暇なのに、相手が忙しい人だったので、自分もスケジュールが埋まっているフリをした。


こういう裏事情を知ると、けっこう微笑ましいかも……
by aru-henshusha | 2008-05-08 21:21 | 恋愛・男女
久しぶりの更新が、こんなネタからというのもなんですが……

ロナウドがホテルに女装した男性を連れ込む 特徴と見分け方(アメーバニュース)
女装した男性には以下の特徴があり、見分けるにあたっては下記特徴の内、4つが重なるとほぼ間違いないのだという。

【1】化粧が濃い
【2】背が高い
【3】胸が大きい
【4】体の露出が多い服を着ている
【5】怒る時はアゴを突き出して怒る
【6】ノドボトケが出ている
【7】手が大きい
【8】足が大きい
【9】肩幅が広い
【10】日本語を喋る場合は「アナタ~」と言う。


*注 タイにおける「女装男」の見分け方です
これらの4つに当てはまればほぼ間違いないとのことですが、単なる大柄の女性だった場合はどうすればよいんでしょうかねぇ……
まあ、イザというときのために、覚えておいても損がないのかもしれません。
by aru-henshusha | 2008-05-08 21:03 | 恋愛・男女
先ほどは男性向けのネタだったので、バランスをとって女性向けの記事を。

本命ではなく、カラダ目的の男の傾向14パターン(オトメスゴレン)
(1)マメにメールしない。
(2)付き合おうと明言しない。
(3)住んでいる場所を正確におしえない。
(4)H前は安易に「好きだ。」と言う。
(5)デートにお金をかけない。
(6)デートで会って早々に、「いつHするのか?」を確認する。
(7)記念日などは重視しない。
(8)プレゼントをお金をかけない。安価なプレゼントをコンスタントに渡す。
(9)写真、プリクラは皆無。
(10)生理中は会おうとしない。
(11)ムードに拘らず、決して良いホテルにはいかない。
(12)Hの後は、手をつながない。
(13)いろんなHに挑戦する(本命カノジョが嫌がったから)
(14)Hのあとは、すぐに帰ろうとする。

*各項目の解説はリンク先をご覧ください
一部の項目は、した後にしかチェックできないので、先の記事同様、どれほど有効性があるかは疑問ですが……
by aru-henshusha | 2008-04-30 01:16 | 恋愛・男女
なんか、大和や三笠の恋愛本にありそうな見出しになりましたが……

ゲーリー・クーパー方式で女も仕事も好転する(livedoor ニュース)
たった3語の相づちで女という女をモノにしたという。往年のハリウッドスター、ゲーリー・クーパーは天性の「聞き上手」だった。聞き上手のノウハウ本が世間にあふれ返っているが、それだけ聞き上手が少ないってことだ。“クーパー方式”は女だけじゃない、仕事にも使える。

「まさか」「ほんとかい」「そんな話、初めて聞くよ」――。クーパーはそう相づちを打って、女の話に耳を傾けたという。それで落ちた。大女優のグレース・ケリー、イングリッド・バーグマンらと噂になった。
(中略)
 作家の塩野七生氏は、著書「人びとのかたち」の中でクーパーのエピソードに触れ、こんなことを書いている。

〈自信のある女、気の強い女、自分は仕事ができると思っている女に対して、話を聴いてくれるということくらい有効な武器もないからだ。なにしろこの種の女たちは、自分の話すことはそれ自体で価値ある、と思いこんでいるからである〉
というわけで、上記の「まさか」「ほんとかい」「そんな話、初めて聞くよ」のループが話を聞いてもらいたい女子には有効だとか……

まあ、「クーパー・メソッド」の有効性はさておき、この方法、編集者が著者の話を聞くときにも使える(というか既にやっている)気がします。

「え~」「本当ですか?」「初めて聞きました」+「勉強になります」「それ、面白いですね~」ぐらいで(表面的には)会話が成立するような……
by aru-henshusha | 2008-04-30 00:51 | 恋愛・男女
あなたの恋愛は、「地理派」? 「歴史派」?_c0016141_013388.jpg対談集というのは普段あまり読まないんですが、この本はなかなか面白かったです(ちなみに、最近よくくる「献本」じゃなくて自腹です)。

やわらかい話―吉行淳之介対談集

なかでも、寺山修司をゲストに迎えた回の、次のやりとりが印象深くて。






吉行 女性に関して、地理派歴史派とあるというのは、寺山さんがいい出したんだろう。
寺山 そうです。
吉行 つまり、駅弁でも買うように、手広くやるのが地理派で、歴史派というのは、一人の女を深く追求するタイプであると。そこでおれのことを地理派だといっていたけど、あなたはどっちですか。
寺山 ぼくも地理派ですね。
吉行 そうかねえ。
寺山 日本は、歴史派の漁色家を非常に尊ぶ傾向があって、地理派はあまりはやらないですね。
吉行 しかし、歴史派は相手が一人だから、漁色ということにはならないだろう。
寺山 いや、一人の女から百人分を引き出すという意味では、やっぱり一種の漁色ですよ。これも一つの才能だと思う。
吉行 おれ、わりにその才能もあるんだよ。
寺山 それじゃ、社会科全部だな、地理も歴史も(笑)。(同書147ページより)

この分類にしたがうと、僕は根っからの「歴史派」ですね。

これは、女性に対してだけではなくて、本も服も飲み屋も同様で、一度気に入った作家、ブランド、居酒屋以外をあまり開拓しようという気がしないんです。

本業ではさすがに新しい著者を開拓していますが、本当は同じ著者の次回作を担当するのも好きなんですよねぇ……。
by aru-henshusha | 2008-04-14 00:13 | 恋愛・男女

数字で読み解く男女の心理#62
究極の選択!恋人と仕事、あえて選ぶなら?
(サンマリエ)
女よりも男のほうが、よっぽど「恋愛至上主義」だった?!_c0016141_2394638.gif
う~ん、これはビックリ。

いや、実際には自分のまわりの「働く女子」を見ても、「仕事優先」で生きている人が多そうに見えるので(これは編集とかライターという職種のせいもあるんでしょうが……)、こういう結果も多少は予期していましたが……

ちなみに、僕も基本的には「恋人優先」男子になるでしょうか(実際にそう振舞えるかは別として)

今の仕事についている限り、「仕事最優先」でいると、いつまでたっても仕事以外のことに注力できない気がするんですよね。

忙しい仕事だからこそ、どこかでエイヤと仕事を忘れないと、本当に仕事しかない人生になってしまうんじゃないかなぁと、最近、よく思います。
by aru-henshusha | 2008-04-13 23:18 | 恋愛・男女
久しぶりの更新になりますが、今日はネタがたくさんありますので、サクサク行きます。
一本目は女子必見(?)のこのコネタから。

合コンで「今日かわいい子来る?」と聞かれたときの“うまい言い訳”テク(L25)
合コン前の悩みの種は、男子からの「かわいい子?」という質問。「うん」と言えば後で嘘つき呼ばわりされることもあるし、かといって女友達の手前「かわいくない」とも言えず…。上手な答え方を探るため、新宿歌舞伎町『Club RyuguJo』オーナーの頼朝さんを訪ねてみました! 頼朝さんによれば「見た目には触れないのがポイント」とのこと。
で、見た目に触れない答え方の実例がこちら。
合コンにかわいい子を呼べないときは、この一言で切り抜けろ!_c0016141_22575158.jpg
う~ん、なるほど。

逆に、男としては、「色っぽい子が来る合コン」には要注意かもしれません。
いや、本当に色っぽい子が来ると思って参加したほうが、一種の偽薬効果があって幸せなのかも……?
by aru-henshusha | 2008-04-13 23:11 | 恋愛・男女
とくに深い意味はないのですが、結婚ネタを続けます。

日本の社長、一番多い名前は「田中稔」(Business Media 誠)
出世といえば「社長」をイメージするが、どういった名前が多いのだろうか? 企業の社長で最も多い名前は「博」、女性は「和子」であることが、東京商工リサーチの調べで分かった。
(中略)
同姓同名で最も多かったのは「田中稔」、2位は「鈴木茂」、3位は「田中博」。地域別で見ると、東日本は「鈴木」と「佐藤」が多く、西日本では「田中」と「山本」が目立った。
ってことは、高校・大学あたりで「田中稔」くんをつかまえておけば、将来、玉の輿に乗れるかもしれません。

ただ、仕事で中小企業の社長さんを見てると、けっこうカツカツだったりするんですがねぇ……。
by aru-henshusha | 2008-03-30 23:44 | 恋愛・男女
僕は普段は顔文字を使わないのですが、このニュースに対してだけは、思いっきり使いましょう。
朗報、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

美人はブサメンと結婚したほうが幸せになれる…米心理学研究チーム調査(痛いニュース(ノ∀`))
米国テネシー大学のジム・マクナルティ教授率いる心理学研究チームが82組の新婚カップルを対象として、ある調査を実施した。調査したのは、「夫婦それぞれの容姿」と「結婚生活の質」の2点である。
(中略)
その結果、妻が容姿に優れ、夫が容姿に劣っている場合に夫婦関係が最もうまく行っていることがわかった。逆に、夫が容姿に優れ、妻が容姿に劣っている場合は、夫が結婚生活に満足していない可能性が高いことも判明した。
(中略)
マクナルティ教授によれば、パートナーよりも容姿に劣る男性は、概してパートナーを支えようとする性向が強い。ところが、パートナーよりも容姿に優れている男性は、物心どちらについてもパートナーをあまりサポートしようとしない性向があるという。
というわけで、美人の皆さん、どうかブサイクに暖かいまなざしを……。

ただし、あくまで「人に優しいブサイク」が結婚相手にふさわしいのであって、顔も性格も悪いとダメってことですよね(当たり前か)。性格だけでも、男前にしなければ……。
by aru-henshusha | 2008-03-30 23:35 | 恋愛・男女
今日は久しぶりに大量更新の予定なんで、サクサク行きます。
しょっぱなは、当ブログお約束(?)の男女ネタから。

以下の記事に、「魔性の女」が普段実践しているテクニックが書かれていました。

OLの恋愛&エッチのホンネ調査【33】恋に計算は必要?(OZmall)

●魔性の女(本人)がやっているテクニック
・お酒の席や、一緒に遊びに行く機会には「ねぇ、○○君」と名前を呼びながらさりげな~くボディタッチ。
・お目当ての男性の前では、目を見ながらゆっくり話す。
・じーっと見つめるのではなく、少しはなれたところからチラチラ目を合わせる。すると相手もこちらが気になって仕方なくなる。
・しゃべり方を舌ったらずな感じにする。
・ホントは自分も知っていることでも「それって何? 教えて!」と知らないフリをし「へーよく知ってるねぇ。すごい!」と相手をヨイショする。
・わざと小さい声で話し、相手に顔を近付けさせる。
・うれしくないプレゼントでもすごく喜ぶ。見たことがあるイルミとかでも大げさに楽しむ。
・元々テキパキしている性格だけれど、たまに2人で出かけるときにちょっとしたヘマをする。
・好きな人と連絡が取りたいけど用事がないとき、わざと間違いメールを送る。
・本当は大好きで大好きで仕方ないのに、たまに嫌いって言う。


●魔性の女(友人)がやっているテクニック
・本当は計算高いくせに男性の前では天然ぶる。
・仲良くして思わせぶりにして、興味を持ってきたら急に冷たくする。
・コンパのときは必ず、胸元の開いた服、そして腕くみ・・・。
・手の平を見せてと言って、自分の手と合わせる。
・女同士では絶対しないのに、男には飲み物を関節キスして飲む。
・力仕事はしない、頼んでやってもらう。
・お酒を飲むときは常にカシスオレンジ。
・違うフロアなのに間違えたふりをして、よく好きな男性のところに来る。
・いつも必ず同じ香りの香水を身につけて、その香りを男性にインプットさせる。男性が街中などでその香りをかいだときに、自分のことを思い出させる。
・合コン中「ストッキングが破れちゃったどうしよう!?」と言って足を見せる。


*一部、表現を直して再構成しました

うーん、最後のテクなんて、なりふり構わないやりくちですねぇ。
(だいたい、普通の女子は、ストッキングが破れたことを公言しないと思うのですが……)

ちなみに、僕はこの手の記事をよく読んでいるので(それもどうよ……)、だいぶ「魔性の女対策」ができているとは思うのですが、「よく知ってるね~」の一言には弱いかもしれません。

編集の仕事してる時点で、「ウンチク男」の人は多いですから……
タグ:
by aru-henshusha | 2008-03-10 12:19 | 恋愛・男女