人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

カテゴリ:名言・言葉( 218 )

自分の周りでは、まだ聞いたことがないのですが。
みんな結構いい年だからか、それとも、そういうことをしている人がいないのか……

浮体 (うわたい)(Yahoo!辞書)
配偶者や恋人以外の異性と肉体関係をもつこと。つまりは「浮気」だが、「浮気」は「気持ち」も相手に与えてしまう感じがするのに対して、「浮体」は肉体関係のみで恋愛感情は伴わない、という意味で使われているようだ。若者の間から出た表現だが、「浮気」の定義が使う人によってあまりに差があることから、この語が生まれたという説もある。
なるほど、その「厳密な言葉遣い」にはある種の感動すら覚えますが、されたほうから見れば、「浮気」も「浮体」も大差ないような気もします……
by aru-henshusha | 2007-03-04 01:21 | 名言・言葉
こういう記事を書いている時点で、僕はもう非・若者なんでしょうねぇ……

パネェ (ぱねぇ)(Yahoo!辞書)
若者ことばで「もの凄い」とか「絶対に」といった意味。「半端じゃない」の若者ことばである「半端ない」が変化した「半端ねぇ」の略。2002年後半に「半端ない」を語源とする「ぱな」が登場したが、こちらは「ぱなうまい」(=とても美味しい)といった接頭語的使用法が多い。「パネェ」は「パネェぐらい」というように、副詞としての使用法が多くみられる。「パネェぐらいヤバイうちらの友情」となると、「私たちの友情は表現できないくらいにすごいもの」という意味。
正直、「ぱな」も知らなかったしなぁ。

「ぱな悲しい」けど、「パネェぐらい」年をとったということかしら。
(使い方、かなりムリがあるし……)
タグ:
by aru-henshusha | 2007-03-01 01:37 | 名言・言葉
バタバタしていて、一日更新できませんでした。ひさしぶりの記事は、ちょっとした雑学から。

“disc”と“disk”の違い(アップル)
disc(ディスク)”と“disk(ディスク)”は、発音は同じですが、技術的には明確な違いがあります。

Disc
“disc”は、オーディオ CD、CD-ROM、DVD-ROM、DVD-RAM、DVD ビデオディスクなどの光学式メディアを指します。“disc”には読み出し専用のもの (ROM) と、一度だけコンテンツを作成する(ファイルに書き込む)ことができるもの(複数回にわたる作成操作を行わない場合の CD-R や DVD-R など)と、消去して何度でも書き換えられるもの(CD-RW、DVD-RW、および DVD-RAM ディスクなど)があります。
(中略)
Disk
“disk”は、磁気媒体を指します。たとえばフロッピーディスクやコンピュータのハードドライブのディスク、外部ハードドライブ、iPod もこれに相当します。
なるほど、「C」と「K」では、だいぶ違いがあるものです。
ちなみに、i Podがディスクと言われると、ちょっと不思議な気分がします。
by aru-henshusha | 2007-02-25 03:45 | 名言・言葉
前にも取り上げたかもしれませんが、仮に二回目でも初めて見たような、そんな温かい<フインキ>で見守っていただければと……
(最近、ネタ探しの時間が、なかなかとれないんです)

フインキ(Yahoo!辞書)
漢字で書けば「雰囲気」である。正しい読み方は「フンイキ」だが、「フインキ」と読む若者が増えている。埼玉大学教授の山口仲美が『日本経済新聞』夕刊コラム「にほんごチェック」で指摘しているもので、関東より関西の学生の方が「フインキ」と読む傾向が強く、70%がこう発音しているという報告もあるという。
僕自身、しゃべっているときには、「ふいんき」あるいは「ふいーき」というふうに発音していることがあります。

そうそう、これ以外にも、「シミュレーション」を「シュミレーション」、と発音してしまうこともしばしば。
というか、「シュミレーション」のまま気づかずに、誤植を出したこともあったような……

日本語、外来語ともに、しっかり勉強しなおさなくては。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-02-19 15:41 | 名言・言葉
仕事柄、弁護士の方にもお会いする機会がありますが、よく考えたら彼らは「イソ弁」だったのかも。

日弁連、新米弁護士に「ノキ弁」のススメ(Sankei WEB)

「イソ弁」「ノキ弁」「兄弁」「パー弁」…、こんなにあった弁護士の呼び方。_c0016141_21581744.jpg
しかし、外部からすると不思議な略称ですね。

今度の弁護士は「パー弁」だなんて言われたら、心配になりそうです。
(部外者が耳にする機会は少ないのかもしれませんが……)
by aru-henshusha | 2007-02-10 22:05 | 名言・言葉
数ある名言のなかで、いちばん共感を得たのは、失恋の名言でした。

【名言】 「恋愛名言-あなたが共感するのは?」 (livedoor リサーチ)
恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。 (テニソン)
19.85%
多くの人は、そういう経験を積み重ねて、それでも恋愛をしてしまうわけですしね。

なお、正確には、この調査でいちばん支持された選択肢は「特にない / わからない」でした……
この記事でも書いたんだけど、調査のやり方、これでいいのかしら)

ちなみに、僕は失恋の名言にはうるさいです。

*過去記事
失恋の格言は、奥が深い。失恋の格言を、今度は心から味わってみる。
by aru-henshusha | 2007-02-10 00:28 | 名言・言葉
予備知識なしでスラスラと読めた人、尊敬します。

漢字が気になる春なのよ(毎日が発見 編集部日記)
さて、今日は漢字のお話です。
書家の尾崎洋子先生に面白い文字を教えていただきました。

   遠仁者疎道
   富久者有智

これで「おにはそと ふくはうち」と読むのだそうです。
意味をとれば、「仁に遠き者は道に疎し 富に久しきものは智有り」となります。
漢字って、面白いもんですね。
この言葉で検索をかけたら、これをモチーフにした富岡鉄斎の書を見つけました。

書のデザイン 書の名筆Ⅲ [書道](書を楽しむ)

漢字って、面白くて、なかなか楽しいです。
by aru-henshusha | 2007-02-04 23:21 | 名言・言葉
これ、有名な話だったらすみません……

印象に残る「糸井重里」作のキャッチコピーランキング(gooランキング)
1 「愛は地球を救う」
日本テレビ24時間テレビサブタイトル・番組内コピー

2 「くう ねる あそぶ」
日産自動車「セフィーロ」

3 「中国四千年の味
明星食品キャッチコピー

4 「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」
映画『魔女の宅急便』キャッチコピー

5 「生きろ。」
映画『もののけ姫』キャッチコピー

*以下、続く
「中国四千年の味」って、昔からある言葉だと思っていたのですが、糸井氏がつくったコピーだったんですねぇ。
それぐらい、うまくハマっているというか。

なお、個人的には「おいしい生活。」がいいコピーだと思います。
「おいしい」も「生活」もありふれた言葉ですが、この組み合わせはそれまでなかったでしょうから。
by aru-henshusha | 2007-02-04 03:13 | 名言・言葉
【図工】 美しさを捉える(MORI LOG ACADEMY)
(引用者補足:絵を描くには)2つの手法があるようだ。それは、「美しい絵を描きたい」という動機によって描かれたものと、「美しいものを描きたい」という動機によって描かれたものだ。
僕の場合は、明らかに後者である。美しい絵を描こうとは思わない。絵を描くことが好きなのではない。そうではなく、まず美しいものがある。それがさきに存在する。そして、その美を捉えたいと思う。これはたぶん、その美しさを自分のものにしたい、という欲求と似ているだろう。そこで、その絵を描いて、なんとかその美しさを留めようとする。そうして出来上がった絵は、自分が見た美を100%は備えていない。しかし、それを描いたことで美が自分の中に残る。
(中略)
一方では、美しい絵を描こう、という動機があるようだ。芸術の動機として正当なものだと思われる。そして、その美しさをいかに描くか、という方向から、周囲に目を向けていく。絵になるものを探すことになる。この方向性も、僕は否定するものではない。
しかし、歌をうたいなさい、絵を描きなさい、作文をしなさい、というように、さきに「手法」を押しつけられるのが、学校の教科であるために、多くの子供たちは、うたうものを探し、絵になるものを探し、作文に書けるものを探すだろう。うまくそれが見つかれば良いけれど、時間も制限されているので、手近なもの、すなわち、歌いやすいもの、描きやすいもの、書きやすいものが選ばれる。こういった方向性は本来ではない、あるいは、この方向性には合わない才能の子供がいる、と僕は思うのである。
長々と引用してしまいましたが、これと同じようなことが、もしかすると「文章」にも言えるのではないかと思いました。


小説でもエッセイでも、あるいはノンフィクションでも論文でもいいのですが、本を読んでいると、「これは美しい」と思える文章に出合うことがあります。

でも、その美しさは大別すると2つあり、1つは「美しいものを書いた」文章、もう1つは「美しく書かれた」文章だと僕は思います。
そして、後者の文章を、僕はそれほど好みません。

前者には、書き手が「美しいものを見た(聞いた、体験した)」という<想い>が込められているのに対して、後者には、書き手が「美しく書いてやるぞ」という<狙い>が透けて見え、その狙いが強ければ強いほど、僕はちょっと引いてしまうのです。


リンク先にあわせて「美しい」を例に出しましたが、これは「悲しい」でも「面白い」でも、同様のことが言えるかもしれません。

悲しいものを書いた文章と、悲しく書いた文章。面白いものを書いた文章と、面白く書いた文章。
両者は似ているようだけれど、決定的に違うところがあるように思います。

むろん、それらの文章を読んだとき、書き手の「狙い」どおりの反応をしてしまうこともあります。
そういう文章は、個人的な好みはどうであれ、やはり力のある文章だとは思いますが。
by aru-henshusha | 2007-02-03 18:13 | 名言・言葉
記事を読むと、なかなか使い勝手のいい言葉のようで。

日本語の「ナンパ」を意味する「チャゴブ(作業)」(KBS WORLD Radio)
*注 このURLはしばらく経つと、違う記事に差し替えられます
韓国で「チャゴブ」は 「好感を抱いた異性に接近する過程で必要なすべての種類の努力」に対する包括的な意味で使われている。
日本語で「ナンパ」、「粉をかける」にあたる。

それでは例を見てみよう。


1 接近段階(最初のボタンをかける努力)
1. 왜 자꾸 날 쳐다보지…지금 작업하시는 거에요?
なぜさっきから私を見てるんですか…チャゴブしているつもり?
                    
2. 어제 그 남자 니 옷에 커피 엎질렀잖아..그거 작업이야.
昨日、あの男があなたの服にコーヒーをひっかけたじゃない…
あれチャゴブよ

2 進行段階(恋人として互いを認めるまでの過程)
3. 데이트할 땐 무조건 칭찬부터 시작 해. 그게 작업의 정석이야.
  デートの時には無条件ほめまくるように、それがチャゴブの定石だよ。

4. 일단 키스까지만 가. 그 다음 작업은 저절로 풀려.
  一旦、キスまで行け。その次のチャゴブは自然と進むから。

3 完成段階(性的な暗示としての意味)
5. 왜 이리 전화를 안 받아…작업중인가?
   なんで電話に出ないんだ…チャゴブ中?(お取り込み中?)
(いつも真夜中に電話をかけてくる友人が急に電話連絡ができないときに)

6. ‘야간작업’ 이라면 김대리한테 물어봐, 완전도사 거든…^^
 「夜間のチャゴブ(作業)」については金代理に尋ねるといい、完全に達人だから…
それにしても、「好感を抱いた異性に接近する過程で必要なすべての種類の努力」とは物々しい表現ですね……
自分はまだまだ「作業」が足りないようで。
by aru-henshusha | 2007-02-03 02:17 | 名言・言葉