人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 02月 ( 160 )   > この月の画像一覧

ライブドア・ニュースで見つけたこのニュース。

小比類巻が魔裟斗との決着戦を要求

K-1中量級の日本王者、小比類巻貴之のコメントに失笑です。

「身体能力はオレが上。いろいろな環境でやってきた(経験の)部分も上だし。向こうはモデルもしているみたいだけど、顔はオレの方が小さい。向こうは打たれ強い顔をしているだけ。スタイルもオレの方がいい

顔の大きさと強さは、関係ないでしょうが。
男としてもちっちゃいね。

追記
私用でずっと外にいるので、今日の更新はこれでうちどめです。
by aru-henshusha | 2005-02-25 16:01 | スポーツ・格闘技

待つ恋愛と、動く恋愛。

もはや日課のようになってきましたが、またまた「高橋がなりブログ」ネタで。

#106 - 自分の友人を好きな彼女への想いを凌ぐには

この中で、がなり氏は、恋愛を「服選び」にたとえています。

恋愛の相談を聞くと、僕はいつも「何で、みんなサイズが合わない、好みの色がない」とそこに執着するのか僕にはわかりません。1着しか着れないんだから、「それは縁がなかったんだ」とあきらめて違う服を探せばいいのに。

と、自分の条件に合わない相手への恋を、スパッとあきらめることが大事だと説くがなり氏。
その意見は、とても単純明快です。

けれど、実際にはそう割り切れない人も多いと思います。
僕自身、そういう状況に陥ったら、「待ち」の姿勢をとり続けるかもしれません。

たとえば、値段が高くても欲しい服があると、いつかはセールで値下げしないかと待ってみる。
待ってれば、自分にも買える日が来ると思ってしまうんですよね。

でも、その服は値下げする前に、他の人に買われてしまうことだってありえます。
これは、人でも同じです。しかも、人の場合は、すべてが「一点もの」ですし。

もちろん、世の中には、待っていて手に入るものもあります。
だけど、本当に欲しいものは、自分から動いて手に入れるべきだと思います。
少なくても、そのほうが後悔が少ないかと。
by aru-henshusha | 2005-02-25 13:18 | 恋愛・男女
「R25」は、日本の出版社を脅かすか?_c0016141_11403496.gif「Excite Bit コネタ」で、こんな記事を見つける。

出版社泣かせのNYフリーペーパー事情

これは外国の話だが、近々、日本でも同じような状況が生まれるかもしれない。
(もしかしたら、現在すでにそうなのかもしれないが)

もちろん、「R25」によって。

俺様の「好きにやらせろ!」さんの記事を見てもわかるように、「R25」の広告媒体としての注目度は非常に高い。

号を追うごとに広告がどんどん入っているし、今週号のように表紙。気時を何パターンか作るような大がかりなしかけも多い。
(某代理店の人に聞いた話だと、広告料金もかなりするようだ)

ちなみに、出版界でいえば、「R25」で書評された本が、急に増刷がかかったなんて話もある。
(ただし、うちの会社の本は、あまり動かなかったようだが)

公称60万部のフリーペーパーの動きから、まだまだ目がはなせない。
by aru-henshusha | 2005-02-25 11:55 | 本・出版
「コロコロザイーガ」で知ったのだが、爆笑問題の太田光が、TVで超問題発言をしたらしい。

「それ、強盗じゃないですか?とあびる優も言ってます」

いまは会社なので、リンク先の動画の音声を確認していないのだけど、あの太田ならやりかねないよなぁ。
過去にも、数々の「シュート」な発言で、共演者をドン引きさせている実績があるし。

●参考記事
047:笑っていいとも!日刊?テレビマニアのふがふが日記

早く家に帰って確認したいけど、今日飲み会なんですよね。残念。

追記
爆笑問題の所属事務所「タイタン」のトップページの写真が面白いです。
by aru-henshusha | 2005-02-25 09:46 | 事件・ニュース

オトナ語は、便利だ。

オトナ語は、便利だ。_c0016141_0413921.jpgほぼ日刊イトイ新聞 - オトナ語の謎。で一躍注目を浴びるようになったオトナ語
僕も、いまの会社に転職してから、毎日のように使っています。

なかでも、「お世話になります」「午後イチ」「なるはや」「落とし込む」なんてのが頻出用語でしょうか。

最初は「落とし込む」って言葉、あまり好きじゃなったんですけれどね。
(へたしたら、辞書にも載っていないし)

ただ、使い出すとやっぱり便利なんですよ。
「著者がサラリーマン生活で身に着けた営業スキルを、いかに読者が使えるノウハウにまで落とし込むかだよね~」
などと言っていると、仕事している気にもなりますしね。

ま、実際言っている内容は、たいしたことがないんですけれど。
by aru-henshusha | 2005-02-25 00:41 | 名言・言葉
「面白いサイトを見つけたよ。」で思わず唖然とするような記事を発見。

キッパリ! VS ドップリ!

こんな本は、死んでも作りたくない。_c0016141_23234684.jpgこの本が『キッパリ!』のパクリなのか、パロディなのか、はたまたアンサーブックなのかはわからない。

また、ここまでキッパリ!とマネするのであれば、ある意味潔いという見方もあるだろう。

しかし、個人的には、こんな本だけは絶対作りたくないな~

完璧な後追いなのに、前の本より確実に劣化している作品を作るなんて、あまりにも辛い仕事である。
by aru-henshusha | 2005-02-25 00:11 | 本・出版
NPOマスコミ駆け込みクラブ情報でこんな記事を発見。

ライター大募集/1月以降の案件リスト

このなかで、×××××さん(自主規制)のゴーストライターが、堂々と募集されています。

まあ、誰も本人が書くとは思っていないんでしょうが……
う~ん。
by aru-henshusha | 2005-02-24 16:20 | 本・出版
AZOZ BLOGにて、本当かな~と思う記事を発見。

胸のサイズや形で女性の性格が分かると専門家が研究内容を発表

ただ、たとえこれが本当だとしても、
オッパイをまじまじと見られる状況になってから、性格がわかってもな~
という疑問が。

もっと、手前の段階でわかったほうが、よいんじゃないでしょうか。
by aru-henshusha | 2005-02-24 15:14 | 恋愛・男女
exciteニュース内の世界びっくりニュースにてこんな記事を発見。

恋人と別れる方法、教えます


これはいつか必要になると思ってちょっとした好奇心で読んでみたのですが、正直役に立つのかどうか。

だって、男の場合は、
「(相手に)実際のサイズより大きい下着を買ってプレゼントする
のがいいとあるんですもの。

こんな簡単な方法で別れられるもんですかね~。
(まあ、女性ものの下着を買うこと自体は、男にとって苦痛ですが)

なお、このサイトでは「恋人に文書で別れを宣告するフォームのダウンロード・サービス」も行なっているのだとか。

「転ぶ賢者様」が訳したところによると、結構えぐい文句が使われているそうです。
by aru-henshusha | 2005-02-24 12:55 | 恋愛・男女
出版界に、またもや皇室効果。_c0016141_9291824.jpgうずらちゃんのかくれんぼ』に続き、またまた皇室効果」が炸裂している。

詩「子ども」 皇太子さま感銘 スウェーデンの掲載教科書、予約でいっぱい(産経新聞)

皇太子さま紹介の本、各地で売り切れに(朝日新聞)

2000円以上する本が一気に1万部増刷なんて、すごいですよ。

なお、件の詩の全文は、以下の記事で読めます。

皇太子殿下のお言葉平成鸚鵡籠中記

批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる

って、まさに僕のことですな。
by aru-henshusha | 2005-02-24 09:45 | 本・出版