人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 02月 ( 160 )   > この月の画像一覧

忘れるところでしたが(べつに忘れてもいいんだけど)、今日は猫の日でしたね~
この日にちなんで、北海道新聞のコラムに、猫と作家にまつわるエピソードが紹介されています。

猫の日(2月22日)(卓上四季)

この記事で紹介されている、大佛次郎が言ったという言葉が、猫への愛を感じさせます。

仕事をするのに猫と本とが手もとにないといけない

いや、僕もそのとおりだと思います(猫を飼ったことないけど)。
ただし、普通の会社で実施したら大変なことになるでしょうね。

とくに発情期のころとか……
by aru-henshusha | 2005-02-22 17:00 | 本・出版
突然ですが、みなさん、「」の読み方って知っていますか?

僕は全然わかりませんでした。
(パソコンで打つときには、「おなじ」と入力しています)

これの答えが、ライブドアニュースの(なぜか)芸能カテゴリに出ていました。

代々木の「々」は何と読む?

なるほど、「踊り字」と呼ぶんですか。
日刊ゲンダイも、たまにはいい記事載せますね。

それにしても、なんで芸能ニュースあつかいなんだろう……
by aru-henshusha | 2005-02-22 16:42 | 名言・言葉
できるだけごまかさないで考えてみるにて、気になる記事を発見。

伊集院様は神様です<TBSラジオ 深夜の馬鹿力

このなかで紹介されている、あびる優をネタした伊集院光のギリギリ・トークがすごい。
しかも、同じホリプロ所属なのに……

やっぱり、伊集院光はテレビよりもラジオのほうが力を発揮するタイプみたいですね。

昔、伊集院光のOh! デカナイトをよく聴いていた者として、伊集院の地力を再確認できてうれしかったです。
by aru-henshusha | 2005-02-22 13:11 | 芸能人・TV
こんな教科書、読みたかった。_c0016141_1113338.jpgケツメイシの「トモダチ」が教科書に載るらしい。(ソースはこちら
しかも音楽ではなく、現代社会の教科書に。
「自立をめざして」というテーマで同曲の歌詞が紹介されるんだそうな。

僕もこの歌詞、ひじょうに好きですよ。
大学のトモダチが地元にもどって就職するときなどに、よく思い出します。

できれば、学生時代に、こんな教科書を読みたかったですね。

追記
ポコアポコヤさんに「トモダチ」の歌詞のハングル語訳が載っていました。

ケツメイシ トモダチが教科書に 「さくら」1位に

歌詞のよさは万国共通でしょうか。
by aru-henshusha | 2005-02-22 11:35 | 本・出版
ちょっと引用するのにもいちいち報告しなきゃいけないらしいので、リンクだけはっておきます。

岩井志麻子 公式ウェブサイト


ここの人生相談コーナーがすごいです。

将軍様の相談部屋

下ネタ多いのがあれですが、非常に切れ味鋭い回答は必見です。
by aru-henshusha | 2005-02-22 01:56 | ネット・コンピュータ
ミラーマン」こと植草元教授に、懲役4か月が求刑されたらしい。

<植草元教授>のぞき裁判で懲役4月の求刑 来月判決トーテムポール

しかし、それより気になるのが「手鏡1枚の没収」である。

まあ、大事な証拠(と思われる品)なんでしょうけどねぇ。
いまはもう映っていないでしょうに……
by aru-henshusha | 2005-02-21 23:47 | 事件・ニュース
先日、ライブドアパブリッシングが書籍化するブログについて書きましたが、同時にこんな本の制作計画も進行しているようです。

「ライブドア・パブリッシング」から挑戦状来たる切込隊長武浪愚(撫弄倶) ~俺様王国

編集者がコメント欄で執筆依頼というのもひどい話ですが、「決してネガティブな内容にはせず、運営者様にご迷惑をおかけしないような紹介にいたします」という頼み方も、ちょっと意味不明ですね。
いくら編集制作会社が多忙といっても、さすがに社員教育がおろそかすぎるような。

それにしても、「あぁ、激しくおもしろいブログ100」とは、すごいタイトルですね。
僕には絶対つけられないし、ウチの会社ではGOは出ないだろうなぁ……

まあ、切込隊長のコメントが載れば、確かに「激しくおもしろい本」にはなりそうですが。
by aru-henshusha | 2005-02-21 17:23 | 本・出版
野球に興味がない人間なので、ダルビッシュの事件は、スルーしようと思っていたんですが、一つ気になる点がありまして。

報道によると、謹慎期間中、ダルビッシュには「ボランティア」をさせる、とあるんですよね。
それだけ聞くと、まるでボランティアをすることが「」のように思えるのですが、考えすぎでしょうか?

もちろん、彼がボランティア活動をやることが悪いのではなく、ボランティアが「罪」「禊」的に利用されているような現状が、どうも気に食わないのです。
そもそも「volunteer」って、「自発的な」って意味ですよね。

まあ、僕自身、ボランティア・バージンでして、えらそうなことは言えませんが。

なお、僕と同じような意見を、素敵なおじさんで見つけました。
まったく同感です。

罰や処分でボランティアをやらすなよっ!
by aru-henshusha | 2005-02-21 13:22 | 事件・ニュース

勤め先は、刑務所です。

先日、「面白いサイトを見つけたよ。」さんの職業別ブログ一覧で紹介していただいたので、そのお返しに、気になる職業ブログを1つ紹介。

その名も元・女子刑務官 Blog
いまのところ、自分には縁がない世界ですが、気になります。

全体的に、考えさせられる内容の記事が多いですが、この記事には思わず笑ってしまいました。

「どこにお勤めですか?」


たしかに、「刑務所に勤めてるんです」とは言いにくいですよね。
そちらの「お勤め」かと思いますもの。

それにしても、職業系ブログは面白いですね。
お仕事の数だけ、ドラマがあるものです。
by aru-henshusha | 2005-02-21 11:50 | ネット・コンピュータ
これはもう単刀直入に。

村上彩子の今だから語れる就活ブログ

株式会社SHIPさんの社員の方のブログです。
もうちょっと話題になってもいいのかな、と思っているんですが。

なお、この会社は社長さんのブログもあります。
by aru-henshusha | 2005-02-21 11:01 | ネット・コンピュータ