人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 05月 ( 170 )   > この月の画像一覧

日経プレスリリースに、こんな記事が載っていた。

角川書店、アドビ製非定型ページの自動組版システムを採用

正直、読んでもイマイチわからないのだけど(きっと疲れと暑さのせい、いや不勉強のせいか)、「ウォーカー」シイリーズなどの編集者の組版関係の負担が大幅に軽減されるのだとか。

うちの会社は、基本的にDTPは外部でやっていただいているので、あまり関係ないのかな。
ただ、そのうち経費削減とかで、内製化するかもしれんし、いちおう記憶のすみにとめておこう。

しかし、これだけカタカナ言葉のある文章って理解しづらいなぁ。
なんだか哲学書のように見えてきた……

私事
多忙につき、夜おそくまで更新いたしません。
今週、来週はこういう日が多いかも。
by aru-henshusha | 2005-05-24 16:26 | 本・出版
当ブログではおなじみ、「世界びっくりニュース」になぜか日本ネタが。

ペコちゃん人形誘拐犯に懲役5年半の有罪判決 日本

いや~、そんな事件が起きていたんですね。
不覚にも知りませんでした。

なお、記事中でいちばん気になった部分はこちら。

不二家社では、昨年ペコちゃん誘拐事件が相次いでから人形を鎖で繋ぐように指示していたが、これに対して、顧客からはペコちゃん虐待だという苦情が出ていた

こういうニュースが海外に配信されると、日本って「平和」だな~と思われるんですかねぇ……
by aru-henshusha | 2005-05-24 11:48 | 事件・ニュース
今日はかなり忙しいので、そっけない記事ばかりの更新になるかと思いますが、ご容赦を。

さて、「書籍編集者の裏ブログ」に、本屋さんのホンネを垣間見れるような記事がありました。

本屋さんの気持ち

ベストセラーを出した著者が、同じような内容で次々に新刊を出すのを、本屋さん自体はあまり好ましく思っていない
同一著者によるハイペースな出版、というのは書店員さんにとって「あまりにも簡単に本を作りすぎている」という悪印象を与えてしまう

ああ、めっちゃ耳が痛い。

もちろん、編集者だって、同じように考えている人は少なくないと思うんですけどね。

企画会議で前作がどれだけ売あげたかという点ばかりが問題になるような版元もありますし、ベストセラーの「縮小再生産」は今後もまだまだ続くかと。

がんばらなきゃとは、思っているんですけれど……
by aru-henshusha | 2005-05-24 10:52 | 本・出版
ライターの石渡君のブログで、おやっと思う記事を発見。

トラッグバッグはマナー違反?
(文字使いはママ)

昔みたいにヒマだったら、元の記事を書いた人のところに、直接トラックバックしたんですけどね。
忙しいので、それはやめておくとして。
(かなり粘着質そうだもの、この人)

それにしても、「コメントもなしに勝手にトラックバックすること」の、一体どこが無礼なんだろう。

相手の記事を読んだら、自分の中にも言いたいことが一杯あふれて、ささやかながら相手にもそれを伝えたくてトラックバックをする。
(もちろん、それ以外の使い方もあるとは思うけれど)

そういう使い方をするかぎり、トラックバックも一種のコメント、メッセージ的なはたらきを含んでいるのではないかしら。

この人、書籍編集者になりたいそうだけど、もうちょっと考え方に「余裕」がないと苦労するでしょう。

なんて、いろいろ考えたのだけど、やっぱりトラックバックはおあずけです。
トラックバックしてまで、まじわる価値があるとは思えないないもの。
by aru-henshusha | 2005-05-24 01:20 | ネット・コンピュータ
出版ニュース経由でこんな記事を見つけて、おどろいた。

「萌え」市場は2~3兆円規模、「10年後は主力産業」(週刊まんたんぷれす)

詳しい数字は知らないのだけど、出版は2兆円産業だとよく言いますしね。
そう考えると、「萌え」パワーはすごい。

ただ、こう主張してるのは森永卓郎センセイですからねぇ。
あの人の話、信じていいのかなぁ……

(あと、ちょっと気になったんだけど、ミリタリーも「萌え」の仲間なのかしら?)

私事
まだ一仕事あるんで、今日の更新はこれまでとします。
by aru-henshusha | 2005-05-23 22:34 | おカネ・経済
忙しいため、まばらな更新ですみません。

先ほど、息抜きでネットサーフィンしていたら、こんな記事を発見。

高校職員が校内で賭け将棋、200万負ける(nikkansports.com)

賭け将棋なんてけしからん、という人もいるんでしょうが、僕はむしろこの部分が気になりました。

8回の対局で「飛車角落ち」の42歳職員が全勝

って、相手の職員はよっぽど弱かったんでしょうねぇ。
それとも、勝ったほうが有段者だったのかしら?
by aru-henshusha | 2005-05-23 21:49 | 事件・ニュース
さきほど、著者との打ち合わせから帰ったら、こんなニュースが目に飛び込んできた。

百円ショップ1000店展開へ ローソンが新規参入(exciteニュース)

う~ん、なんでいまさら100円ショップなんだろう。
コンビニが頭打ちだからって、100円ショップにまで手を広げるのが得策なのか、素人にはわかりかねますな。

だいたい、この業界にはSHOP99もありますしね。
野菜や果物などの品ぞろえに力を入れる」って、思いっきり戦略カブっているような。

ちなみに、ローソンがやる100円ショップの名前は、「STORE(ストア)100」だとか。
名前まで後追いなのね……
by aru-henshusha | 2005-05-23 19:47 | 商品・企業・仕事
僕は病院嫌い・医者嫌いなんだけど、こんな病院なら行きたいかも、と「いらっしゃいませ、患者さま」のストーリーを読んで思った。

「ナース指名制」「同伴人間ドック」「ひざ枕点滴」果ては「口移しバリューム」、ジャングルクルーズのお兄さんの行う「ジャングル検診」まで。もはや何でもあり!?

ですって。

でも、これってやっぱり、指名料かかるのかしら。
by aru-henshusha | 2005-05-23 13:21 | 映画
exciteニュースで、サラリーマン必見(?)の記事を見つけた。

<気温30度>男性の2割は長袖上着着用 女性はゼロ

暑苦しくても厚着する男性社会に合わせるから、女性は過剰冷房で寒さに震えてしまう。男性の夏の軽装は、女性のためにも、省エネのためにもなる

無理してでも長袖を着る社会規範が男性には残っているようだが、25度を超して長袖上着を着ていると、不快感が増し、作業効率も落ちる

いやいや、どちらも正論だとは思います。

でも、夏に半袖のYシャツ着てるだけでマナー違反、みたいなことを書いてある本もあったしなぁ。
(あと、半袖シャツは貧相に見えるとか、見えないとか)

本当は、男性だって薄着したいと思うんだろうけど、取引先がばっちりスーツを着てたりすると気後れもしてしまう。

トップダウンで無理やり「半袖週間」でもつくらないと、この習慣は改まらない気がします。
by aru-henshusha | 2005-05-23 11:58 | 商品・企業・仕事
booplog」経由でこんなニュースを知った。

幻冬舎、サイバーエージェント子会社「アメーバブックス」発行書籍の発売開始(日経プレスリリース)

リアル書店での売上がイマイチ(?)なライブドアパブリッシングの次はアメーバブックスとはね。
幻冬さん、手広いというか、節操がないというか。

ちなみに、アメーバブックスのスタッフブログがあるようです。

本と友達カフェ

藤田社長の本以外にも、ビジネス書を展開していくようで、気になりますなぁ。
by aru-henshusha | 2005-05-23 11:37 | 本・出版