人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 06月 ( 142 )   > この月の画像一覧

編集者というのは、やっぱり同じような悩みを抱えているもんだなと、下の記事を読んでつくづく思った。

文芸編集者(書籍編集者の裏ブログ)

ちょっと長いのだけど、キモの部分を引用する。

かつて新卒でいきなり月刊誌に配属されたとき、30歳の先輩編集者にこんな質問をしたことがあります。出張校正から帰るタクシーの中でした。
「新人賞の応募作品で85点のすばらしい作品があった。70歳の方の作品だった。また、18歳にして70点の作品もあった。どちらを最終候補に残しますか」
彼はノータイムで、
「18歳の方」
と答えました。今では、私もそう思いますが、当時は、「機会均等の原則」に反していると思って、憤慨した記憶があります。18歳なら20年以上活躍できる、70歳なら何作も書けない、というのが先輩の論拠です。かなりの資本を投下して新人を生み出す以上、長く、出版界に貢献してくれる可能性が高い方がいいというのです。マスコミの取り上げ方も、若い方が大きく取り上げてくれるというのです。


この先輩の言うことは、商売人として、非常にまっとうである。
同じ資本を投入するのなら、見返りが多いほうに投入するのは、商売の原則だろう。

だけど、「商売」でなく「文化」という視点で見ると、導き出される答えは違ってくするはずだ。
作品の素晴らしさを知りつつゴミ箱に捨てるのは、ある意味「犯罪」である。

僕は文芸の編集者ではないから、引用した例以上に、「商売」を優先させなければならない立場にいる。
でも、ときどき、「商売」に染まりきっている自分に対して、ひどくむなしさを覚える。

自分がいままで愛読してきた本は、すべてが、単なる「商売」だったのか。
いや、それは「否」である。

じゃあ、自分にもそういう本を作ることはできるのか?

「できる」と言いたい。

本当に、そう言いたいのだけど。
by aru-henshusha | 2005-06-01 00:32 | 本・出版
お散歩アルバム・・初夏の賑わいさんいて、一編集者として、非常に気にな記事を見つけた。

【ブログを本に】

この記事の末尾に、週刊朝日の友澤さん(知人がお世話になっています)がまとめた、「編集者が本にしたくなるブログの条件」なるものが載っている。
具体的には以下のとおりだ。

・本音や実話がさらけ出されている(アメーバーブックスの木暮さんの話より)
・テーマにのめり込んで没頭している。(ココログの話より)
・コメント欄やトラックバックが活発(ライブドアの話より)


さて、これらを読んで一つ気づいたのは、あくまで「ブログサイド」の人の意見だということ。

もちろん、どれもブログの書籍化で重要なことだとは思うが、「編集サイド」の人間として、一つ付け加えたいことがある。

それは、「そのブログの味が、本で再現できるか」ということだ。

たとえば、毎日毎日、美しい風景写真をアップして、話題になっていたブログがあるとする。
ところが、そのブログを書籍化する際、予算の都合上、オールカラーの本にはできなかった。
この時点で、その本はもう終わっている。

何せ、もとのブログを見ればカラーの風景写真が、ただで見られるのだ。
お金を出して、劣化した内容の書籍を買う必要はまるでない。

これは、あくまで一例で、ほかにもブログの味を再現できないシチュエーションはあるはずだ。
(いろいろなニュースへのリンクが特長なのに、そのニュースの転載許可がおりないブログとか、コメント欄が面白いのに、紙上でうまく再現できないブログとか)

そういった点を考えると、はなから書籍化を想定して書かれていたブログのほうが扱いやすい。

あと、これは余談だが、ブログの純粋な書籍化はそろそろキツイ、というのが出版関係者のホンネではないか。
一時は話題になっても、実際には売れていないブログ本だって少なくない。
(**っちょ&はあ***なんて、実売見たらビックリすると思う)

ブログの書籍化、すくなくとも売れる書籍にするのは、容易ではない。
むしろ、これからは、ブログはあくまで顔見世で、書籍は書き下ろしでというスタイルのほうが増えてくるのではないかと勝手に予想している。
by aru-henshusha | 2005-06-01 00:02 | 本・出版