人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 06月 ( 142 )   > この月の画像一覧

男の僕がこういう記事を取り上げるのもなんですが……

美肌:女性、最も追求 目的同じでも手段は…会社員「化粧品」、モデル「熟睡」(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

美肌づくりのために気を使っていることについて、女性会社員は「化粧品」、モデルは「睡眠時間をたっぷりとる」がそれぞれ最多。目的は同じでも「外側から」と「内側から」とする意識の違いが浮かんだ。

なるほど、「内側からキレイになる」とはよく聞きますね。
ただ、会社員の場合、睡眠時間をとりたくてもとれない場合がありますから、「化粧品」に頼るのは仕方ないことなのかも……

って、男の僕が言うのもねぇ。
(じゃあ、なんで取り上げたんだという話ですが)
by aru-henshusha | 2005-06-27 12:00 | ファッション・美容
こんなこと、なんで総務省に言われなきゃいけないのかねぇ。

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止(下野新聞社)

国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。

匿名性の高さにはマイナス面もあるだろうけれど、同時にプラスの面もあるんじゃない?
匿名だからこそ、言えることがあると思うんだけど。

たとえば、行政への悪口とかさ。

あ、そういうことを言わせたくないのか。

追記
実名ネットは安心か(metamix)

という記事にある、

”実名”が持つ意味は、環境や視点によって変わるのを理解しないと ならない。繰り返しになるが、すべて実名があるからといって、信頼社会になるとは限らないからだ。現実の社会がそうであるように。

との言葉にはまったく同感。
by aru-henshusha | 2005-06-27 10:34 | ネット・コンピュータ
大手小町の「発言小町」にこんな質問が。

お土産のケーキ食べちゃダメ?

いわゆる「お持たせ」の是非についての質問のようです。

僕は「お持たせ」は悪いことではないと思うんですよね。
ただ、事前に相手の訪問がわかっていたのなら、何か用意しておくべきかなとは思いますが。

まあ、理想は、用意していたお茶請けも、「お持たせ」も一緒においしくいただくことかなと。

って、それはただの食いしん坊か。
by aru-henshusha | 2005-06-27 00:46 | 日常生活
生まれてこのかた、「大きな買物」をしたことがない。

いままでで一番大きな買物は、たぶんパソコンで20万円弱。
最近だと、中古で買った(中古ですよ、中古)オメガの腕時計が5万円弱。

我ながら、スケールの小さい男である。

そんな僕でも、スケールの大きいことができそうな気にさせてくれるのが、この記事。
3万円で済ませるスケールの大きなプレゼント(Sensitive...)

ヘリコプターでナイトクルーズなんて、なかなかいいのでは?

と思ったけど、僕、高所恐怖症でした……

スケールも、肝っ玉もちいちゃいのね。
by aru-henshusha | 2005-06-26 23:54 | おカネ・経済
我ながら情報収集能力がなくて恥ずかしい。
けっこう前から、宣伝してたのね。

『ライブドア広報 乙部綾子 私のポジティブ仕事術40のヒント』

まあ、なんで双葉社から出すのかは謎ですが。
近頃、彼女の写真集が出るとか騒がれていましたが、どうやらこの本を指していたようで。

ちなみに、「広報」の本ってあまり売れないことが多いので、この本がガツンと売れてもらうと、広報関係の企画を考えている編集者には朗報かも。

といっても、「広報」の本というよりは、あの「乙部さん」の本なんでしょうけれど。
by aru-henshusha | 2005-06-26 13:54 | 本・出版
だから東京が好き!というサイトで、衝撃のネコ写真を見つけた。

悪代官(いちおう18禁?)

たしかに、悪い目してるよなぁ。うしろのネコ。
by aru-henshusha | 2005-06-26 13:22 | 動物・植物
医局秘書ルビィの日常に、出版関係者としては見逃せない記事が。

病院ランキング本のからくり

ようは、「本」のかたちをした「広告」ということなのでしょう。
何せ、記事を載せるのとひきかえに、お金をとろうというのですから。

まあ、業界紙の世界では、こういうことをしている会社もあるみたいですがね。
それと、料理店のランキング本(記事)などでも、同様のことはありえるかなと。

ただ、病院のランキングでこういうことをされると困りますよね。
一番お金を払った病院が「いい病院」と認定されるのは目に見えてますから。

ちなみに、記事にあるように、「新聞社系列で病院ランキング本を作った出版社」が真実だとすると、ほぼ特定されてしまうんですが。
う~ん、あの会社なのかしら。
by aru-henshusha | 2005-06-26 13:15 | 本・出版
まあ、こんなことは日常茶飯事だと思うのだけど、TVでやられるとまた印象も違うかなと。

真鍋かをり、本命一筋です!(exciteニュース)

真鍋かをりが司会を務めるテレビ東京の新番組「失恋保険」は、「恋人と別れたい女性にさまざまな商品=保険男を紹介し、恋人か保険男かを選択する番組」なんですって。

どうせだったら、保険女も紹介してくれればいいのに。
by aru-henshusha | 2005-06-26 11:16 | 芸能人・TV
<ジンギスカン>都内で人気上昇 大阪、福岡でも続々出店(exciteニュース)

最近、飲食店のコンサルタントさんに、いま飲食店業界で流行ってるのは「ジンギスカン」ぐらいだよねぇ、と言われて「あ、そうですね」とテキトーに相槌をうってしまったんですが、ほんとに流行っているんですかねぇ。

年々、街ネタにうとくなっているので、流行ってるなんて知らなかった。

しかし、ジンギスカンってそんなに食べるのかなぁ。
by aru-henshusha | 2005-06-25 23:54 | 食品・グルメ
「日経デザイン」最新号の目次に、こんな特集が。

「萌え色」の研究

う~ん、「萌え色」ってどんな色なんですかねぇ。
蛍光ピンクとか、そんなんかなぁ。

カバーデザインの参考になるなら、買ってみようかしら。
by aru-henshusha | 2005-06-25 23:05 | 本・出版