人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2005年 10月 ( 151 )   > この月の画像一覧

金持ち頭脳(ハニホー!)

あなたの脳のお金持ち度を調べるテストです。

ボクの結果はこちら

予想以上にいい結果なのですが、現実は全然違います……
(仕事で読んだ「金持ち本」にでも影響されたかしら)

なお、僕とのビジネスパートナー診断もできますので、奇特な方はお試しあれ。
by aru-henshusha | 2005-10-25 00:38 | 占い・判定
コンプレックスを活かしてモテ度UP!一重まぶたと丸顔を魅力に変えるメイク術(All About)

一重まぶたの女性は、「クールメイク」でイイ女系に。
丸顔の女性は、「ふんわりメイク」でかわいらしさを演出。

というのがポイントのようですが、一重&丸顔の人はどうすればいいんでしょうねぇ……
by aru-henshusha | 2005-10-24 18:48 | ファッション・美容
かんき出版が営業部のブログを始めたもよう。

ブログ、はじめました(かんき出版営業部ログ)

書籍情報、パブリシティ情報など内容は盛りだくさんだそうですが、一番の注目は担当の一言でしょうか。

担当:かんき出版IT担当――これやっといてのITです:相澤でした。

ですって……(最初、よく意味がわからなかった)

ちなみに、booplogさんの担当の一言にも注目しています。
by aru-henshusha | 2005-10-24 13:39 | ネット・コンピュータ
晋遊舎さんは、じぶんのところでもムックをやっていのになぁ……

マンガ嫌韓流の真実! 別冊宝島

しかも、このムックの表紙には、単行本の『嫌韓流』の表紙が流用されている。
こういうのも、コラボレーションって言うのかな。
by aru-henshusha | 2005-10-24 13:25 | 本・出版
さきほど、面白いサイトを見つけたよさんで、

キス占い

という占いが紹介されていました。

「へぇ、これって面白いじゃん」とさっそくネタにしようと思ったのですが、あれ、ちょっと待てよ……

よく考えたら、僕、以前もこのサイトを紹介してたんですよね~
しかも、ネタ元までおなじだし……

ブログのネタって書き捨てみたいなところがあるから、すぐ忘れちゃうんだよなぁ。
(とくに、こういうサイト紹介系は)

ちなみに、僕のキスの味は、前回も今回も「とんかつソース味」でした……
by aru-henshusha | 2005-10-24 11:34 | ネット・コンピュータ
芸人さんのニュースなのに、いろんな意味で笑えないなぁ、これ。

HGの相方出渕誠、ゲイの道厳し

レイザーラモンHGの相方が、レイザーラモンRG(リアルゲイ)としてのデビューを画策中なんだとか。

個人的には、レイザーラモンPG(ペログリー)とかのほうがいいなぁ……
(このギャグ、通じるかしら)

なお、記事の中には、こんなエピソードも。

HGのブレークについては「今は相方として応援というか、もはや1人のファン。テレビ欄にHGと書いてあったら赤ペンでチェックして録画。見た感想をメールで送ってますよ」。ちなみに返信はないという。

切ないなぁ。
by aru-henshusha | 2005-10-24 10:58 | 芸能人・TV
僕は今週、2つの出版社から、あいついで「転職のお誘い」をいただきました。

誤解なきよう言っておきますが、正直、なぜ僕に話が来たのかわかりません。
どう贔屓目に見ても、いまの僕には、他社からお誘いを受けるほどの実力も実績も人脈もないのです。
何の間違いか知りませんが、相当買いかぶられてしまったなぁと思いつつ、お話だけは軽く聞きました。

条件面については詳しく聞いていませんが、どちらの会社も、いまの会社よりもお給料はいただけるみたいです。
会社の知名度や勢いも悪くなく、はっきり言うと、オイシイ話だと思いました。

でも、けっきょく、僕は首を縦に振りませんでした。
いや、縦に「振れなかった」というほうが正しいでしょうか。

1つには、実力・実績の問題がありました。

くり返しになりますが、今回、僕は相当買いかぶられています。

彼らはもしかすると、僕が比較的若いということもあって、その「のびしろ」に期待しているのかもしれません。

だけど、この世界には僕より若くて、僕の何倍も活躍している人がいます。
その人たちをさしおいて、自分にこんな話が来るのが、なんだか恥ずかしくて。

もしも転職するとしたら、自分にもっと自信がもてるようになってからしたい。
本当に、そう痛感しました。

そしてもう1つには、僕がいま進めている企画の問題があります。

昔話になりますが、僕が最初に勤めた会社からいまの会社に転職したとき、1つの企画を置いていきました。
その企画は、自分が心からやりたいと思っていた企画でした。

けれど、企画を進めているあいだにワケあって僕は会社を移り、その企画は僕の上司が引き継いで本にしました。

できた本を見たとき、驚きました。
それは、僕が最初に提案したものとは、全然違うものになっていたのです。

べつに、自分が立てた企画より内容がよくなっていたら、何も言いません。
でも、その企画は、明らかに僕が構想したものより劣化していました。

僕は、著者に申しわけないことをしたと思いました。
もしもの話をしても仕方ないですが、あの本を僕が作っていたのなら、あんな本にはしなかったはずです。

さて、昔話はそこまでにして、いまの話に戻します。

僕には現在、進めている企画がいくつかあります。

僕がもし転職するとしたら、その企画のほとんどは、いまの会社に置いていくことになるでしょう。
そしたら、またあの「悲劇」を繰り返す可能性があります。

もちろん、転職には(とくにこの業界の転職には)、そういうことはつきものです。
それがイヤなら、一生おなじ会社にいるべきでしょう。

僕は(同僚・上司には申しわけないですが)、いまの会社が「終の棲家」だとは思っていません。

だけど、少なくとも、いま進めている企画にかんしては、自分の手で作りたい。
そして、願わくはその本が多少なりとも売れて、いまの会社に少しでも還元したい。

それが、いまお世話になっている著者と、いまの会社への唯一の恩返しです。
それが済まないうちに、あらゆる人々へ、後ろ足で泥をかけるようなことはしたくないのです。

以上、みなさまにはどうでもいいことを、長々と書いてしまいました。
(最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます&申し訳ない)

この一文は、ただただ自分の胸のうちを整理したいがために書いたものです。

けれど、書いてよかったと思います。
僕がいま、何をすべきか、やっとわかったのだから。

今日は、ひさしぶりに、ぐっすり寝られそうです。
by aru-henshusha | 2005-10-24 00:47 | 不定期なヒトリゴト。
おとなのビックリマン(@nifty:デイリーポータル Z)

大人買いの企画のはずが、なぜか途中から「大人食い」の企画になってます。

ビックリマンを焼いたり、似たり、炊飯ジャーで炊いたり……
未体験ゾーンの食べ方がいっぱいです。
by aru-henshusha | 2005-10-23 23:20 | 食品・グルメ
最近、空まで飛びはじめたキティですが、今度は結婚式にまで顔を出すみたいです。

2人の門出をキティちゃんも祝福!…都内でも来月から登場
(SANSPO.COM)

でも、彼ら、あきらかに主役よりも目立ってますよね……
by aru-henshusha | 2005-10-23 23:09 | 商品・企業・仕事
海外オタク用語とでも言うんでしょうかね、これ。

ビシーズ(Yahoo!辞書-新語探検-)

アニメや漫画、ゲームなどに登場する美少年、美少女のキャラクターの総称。美少年は外国でもマニアの間では「bishounen」、美少女は「bishoujo」と表記され、日本語と同じように発音されていたが、美少年も美少女もほとんど同じような描き方をされているので、最近では両者を区別せずに「bishies」と表記するようになっている。

と解説されてますが、たしかに男だか女だわからないキャラっているもんなぁ~
by aru-henshusha | 2005-10-23 11:11 | 名言・言葉