人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2006年 02月 ( 109 )   > この月の画像一覧

博士の愛した数式:漫画版が3日発売 講談社から(MSN-Mainichi INTERACTIVE)

ご存知の通り、もとは新潮社の本です、これ。

新潮社でも「コミックパンチ」というマンガ雑誌を出していますが、これ向きではないと判断されたのかな。

ちなみに、「バンチ」では、「アキハバラ@DEEP」のマンガ版が連載されていますが、こちらは文芸春秋が出していた小説。

意外と版元横断してマンガ化しているもんなんですね。

私事:ちょっと気の進まない打ち合わせに出かけます。
いただいたコメントは帰社後、拝見。
by aru-henshusha | 2006-02-03 12:20 | マンガ・アニメ
なかなか刺激的なタイトルをつけましたが、色っぽい話じゃないんで、あまり期待しないでください。

こんな仕事をしていると、同業者さんと会う機会がけっこうあります。
その中にはキレイな女性、魅力的な女性もいます。

僕も、とある飲み会で、この人はキレイだなーと思う人に会ったことがあります。
べつに「好み」とかではなく、ふつうに魅力的な女性だなと思ったんです。

ところが先日、その人が作った本を、偶然、書店で見つけてしまったのですね。

それがまた、平たく言えば、しょぼい本なんです。
パラパラ読んだだけで、「あぁ、テキトーに作ったね」というのがわかる本。

いや、その人の名誉のために言えば、本人はテキトーに作る気がなかったんでしょうけれど、どうも著者の都合でそうならざるをえなかったようで。
結果として、手抜きっぽさ満点の本ができあがってしまっている。

で、この本を見てしまってから、僕の中で、その人の魅力が2割ぐらいダウンしてしまいました。
その人がキレイな人っていう認識は変わりませんが、そこに「あのしょぼい本の人」っていうイメージが付随してしまって。

他の同業者さんはこんなこと気にしないのかもしれないけれど、僕はどうしてもそういうことが気になるたちなんですよね。
相手が編集者である以上、その人がどんな仕事をしているか気になるし、その仕事ぶりを見ては色々考えてしまう。

もちろん、僕だってしょぼい本はこれまでたくさん作ってきたし、今後も不本意ながら作ることがあるでしょう。

その意味でも、もし同業者さんと付き合うようなことがあったら、毎回、自分の仕事と相手の仕事を比べて一喜一憂しかねない。

仕事に関係あるものを見ると、ついつい仕事を思い出してしまうんでしょうね。
我ながら、因果な性格だこと。

そんなわけで、(僕という)編集者は、同業者さんにそういう感情をもつのが難しいんだろうなぁという発見でした。

相手を選べるような立場じゃないんですけどね……
by aru-henshusha | 2006-02-03 00:08 | 本・出版
あの甲田社長の本の帯に、「禁断の言葉」を発見してしまった!_c0016141_18112565.jpg[ブログニュース]甲田社長の本が登場!(「俺」のターン)

当ブログでも度々紹介してきた“ブリンブリン系社長”、甲田社長の本がAmazonで予約可能になったもよう。

で、ちょっと気になったのがこの本の帯。

みなさん、よ~く目を凝らしてみてください。

「 チ ビ ! 」

って書いてありますよねぇ、これ。

前々から、そんなに背は高い方じゃないんだろうなぁと思っていたんですが、本の帯に堂々と、

「 チ ビ ! 」

っていれるとは。

背は小さくても、心は大きい方ですね、甲田社長。

(万が一、見間違いだったらすみません……)
by aru-henshusha | 2006-02-02 18:17 | 本・出版
“ハーレム男流”催眠術でオンナは口説けるのか(livedoorニュース)

あの容疑者が使っていたかは定かではありませんが、女性を口説く催眠術テクニックがいくつか紹介されています。

●チューニング法

「初対面の女性を口説く時に適した催眠術。同じテンポ呼吸をするのです。すると相手は『初めて合った気がしないわ』『気が合うかも』と思います。行動が受動的になり、操りやすくなるのです。気づかれないように相手のポーズや行動を鏡に映るように合わせるミラーイング法というのもあります」

●ちりばめ法 

「何げない会話の中に『これ好きなんだ』『気に入ってる』という言葉をちりばめ、『好き』という瞬間だけ女性の目を見るようにする。何度も繰り返していると、目を見られるだけで『好きだ』と言われているような気分になってくるのです」

●フィードバック法

「相手が肯定的な言葉を発した時だけ、その言葉を繰り返す方法。『あなたって思いやりあるわ』と褒められたら、『オレって思いやりある?』と聞き返す。『やさしいわね』と言われたら『やさしいか?』と聞き返すのです。すると女性には無意識のうちに好印象が積み重なっていきます」

まあ、催眠術というとオカルトっぽいものを想像しますが、どちらかというと心理学の応用みたいですね。

『好き』という瞬間だけ女性の目を見るようにする

とありますが、嫌われてる男がやったらウザい(orキモい)だけなんでしょうが……
by aru-henshusha | 2006-02-02 12:51 | 恋愛・男女
一日10分で鼻が高くなる装置って!?(Excite Bit コネタ)
(以下、いちおう18禁)
ペニスを長く・太く・多機能牽引器具「ペニーストロング」
「ペニーストロング」の詳細図と使用方法

鼻の中に器具を突っ込んでいるのもカッコワルイですが、それよりすごいのが「ペニーストロング」の使用法。

この「図解」には、羞恥心を通り越して感動すら覚えました。
by aru-henshusha | 2006-02-02 12:20 | カラダ・健康
「ボディ・ラインをシャープに」、トリンプの男性用ガードル(nikkeibp.jp)

「下にズルズル伸びてしまったボクサーパンツ」といった外見だけど、そんなに変なデザインではないかと思う。

個人的には、太ももよりも、お腹まわりをスッキリさせてもらったほうが嬉しいんですがね。

それにしても、

両タイプとも、足口に段差が出にくいヘム仕様になっているので、下着のラインがアウターに響きにくい

なんて説明されているけど、下着の線を気にする男っているのかね……

おしゃれなんだか、なんなんだか。
by aru-henshusha | 2006-02-01 23:19 | ファッション・美容
File89. バレンタインにあげたいもの、ほしいものは?(商業施設新聞)

興味深いデータがいろいろありますが、僕が注目したのは、一番下にある、

本命チョコと一緒に、またはチョコの代わりにプレゼントされたらうれしいものは?(当てはまるものすべて)

という調査結果。

1位がメッセージカード、2位が手料理、3位がアクセサリー・ファッション雑貨、4位が衣類(手作り)となっています。

手づくりのほうが心がこもっているし、という気持ちはわからなくもないのですが、手作りのマフラーやセーターはどうも……

洋服に関しては「既製品」がいいなぁ。
by aru-henshusha | 2006-02-01 13:30 | 恋愛・男女
「オーストラリア男性4人と過ごす週末」のお値段は?(世界びっくりニュース)
ネットオークションサイトのeBayに「4人の男たちとシドニーで過ごす週末」が出品され、1600万オーストラリアドル(およそ14億2000万円)の入札があった。

この超高額の入札はいたずらだったが、現在、この起業精神あふれる男たちには61101オーストラリアドル(およそ543万円)の値がつけられている。
14億円はいたずらだったとはいえ、それでも500万円以上の値がつけられているというのにはオドロキ。

ただ、ひとつ気になるのはこのセンス。
彼らは商品説明でこう述べている。
「飛行機代は出さない。バス代すら出さない。僕たちは、いくらかのビール、ソーセージ、楽しい会話と大爆笑を保証する
こういうことをいうヤツに限って、めちゃくちゃ寒かったりするのが世の常だと思うのだが。

大爆笑できなかったら、返金してくれるのだろうか?
by aru-henshusha | 2006-02-01 12:49 | ユーモア・ネタ
そうか、今日からだったのね。

am/pm、スタッフユニフォーム刷新-ユニクロとコラボ(六本木経済新聞)

ぱっと見、バスケの実業団チームのジャージみたいでした。
このユニフォームが着たいからampmでバイトするって人はいないだろうな~、てかんじのデザイン。

しかし、気づけばもう2月ですか。
仕事に追われてもう1か月が過ぎてしまった……
by aru-henshusha | 2006-02-01 09:54 | 商品・企業・仕事