人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2006年 02月 ( 109 )   > この月の画像一覧

商品名と写真に注目してください。

劇場版ムシキング ミニホルダー
たっぷりクリームエクレア
濃いめに仕上げた なめらかカルピスアイス バー
ジューシーソース焼そば
(すべてセブンイレブン、ネタ元:不覚にもワロタ

まあ、ページを確認する時間もないほど忙しいってことでしょうか……
しかし、ムシキングはひどい。
by aru-henshusha | 2006-02-26 16:38 | 商品・企業・仕事
【WBC】イチローは「野球天皇」(朝鮮日報)
日本の取材陣はイチローとともに現れ、イチローがいなくなると引き潮のように去っていく。松坂大輔(25・西武ライオンズ)、松中信彦(33・ソフトバンク)といった日本のプロ野球を代表する一流選手たちも数多くいるが、イチローに注がれる関心に比べれば彼らはまったく微々たる存在にしか見えないほどだ。

イチローの神格化作業」とも思える日本のマスコミの過熱報道ぶり。日本のプロ野球を経験したWBC代表チームの宣銅烈(ソン・ドンヨル)投手コーチはこれについて明快な解釈を下す。

日本は天皇を崇拝する国じゃないですか?

イチローと肩を並べる松井秀喜(32/ニューヨーク・ヤンキース)にはない端麗な容姿、日米の球界で頂上に上り詰めた実力、親近感よりはカリスマが要求されるスターマーケティングの趨勢。現在、日本でイチローはまさに「野球天皇」として崇拝されている。イチローはマスコミに対し非協調的なことで知られているが、これさえもカリスマとして容認されているようだ。
うーん、「野球天皇」ってのはどうもねぇ……
崇拝というのも大げさですし。

けっきょくは、イチローのこの発言が気に食わないんでしょう。
天皇の言葉は日本の全国民を団結させる。「野球天皇」イチローもこのことをよく知っているようだ。「戦った相手(韓国を指すものと思われる)が“向こう 30年は日本に手は出せないな”という思いになるほどの勝ち方をしたい」という発言は、韓国代表選手を刺激し、日本代表チームが一致団結する効果を発揮している。天皇の一言はこのような力があるのだ。
そんなに深い意味はないと思うんですが……
by aru-henshusha | 2006-02-26 16:00 | スポーツ・格闘技
そこのアナタ顔文字に例えます

以下にあるが僕の結果。

ある編集者は【コンナ飯クエルカ! 】さんです!
●(ノ-_-)ノ~┷┷
●ある編集者さんに幸運をもたらすライトは、蛍光灯です!


実際、こんなふうにちゃぶ台返ししてみたいですけどねぇ。
基本、小心者なので……
by aru-henshusha | 2006-02-26 01:04 | 占い・判定
あのカリスマ美人トレーダーの、顔が変わった?!_c0016141_1546453.jpgあのカリスマ美人トレーダーの、顔が変わった?!_c0016141_15461857.jpg1作目(左)と2作目(右)で、結構顔が違って見えるのだが……

参考
株が好き♪
やっぱり株が好き♪
(ともにアスペクト)

2作目の写真は、ちょっと気を抜いちゃったのかしら……


私事:いろんな用事で外出します。帰宅後の更新は難しいかも。
by aru-henshusha | 2006-02-25 15:50 | 本・出版
おれおれ詐欺『オレが最初』(東京新聞)
警視庁昭島署は二十四日、詐欺未遂の現行犯で住所不定、無職岩田公夫容疑者(62)を逮捕した、と発表した。同容疑者は「自分はおれおれ詐欺のはしりだ。二十年前からやっている」と供述しているという。
と詐欺師に言われても、全然信憑性がないんですけどね。

つかまってまでウソつくのかねぇ。
by aru-henshusha | 2006-02-25 12:53 | 事件・ニュース
新潮新書が、創刊から3年足らずで1000万部(発行)を記録したそうです。
刷り部数とはいえこれは快挙。

ついでに新潮新書のHPを見てみたら、こんなコーナーがありました。

新潮新書豆知識(新潮社)
新潮新書の「身体的特徴」は?
表紙・カバーともに、新潮社装幀室がデザインしました。新潮社の代表的な意匠を取り込んだ、自慢の「顔」です。
【英文】カバー上部の英文(Brevity is the soul of wit, and tediousness the limbs and outward flourishes.)は、シェイクスピア『ハムレット』の一節です。この「簡潔こそは智慧の心臓、冗漫はその手足、飾りにすぎませぬ」(福田恆存訳)という言葉、新書の本質とも共通するのではないでしょうか。
この英文の意味、初めて知りましたけどいい言葉だなぁ。

新書って、よくも悪くも簡潔が肝要ですね。
by aru-henshusha | 2006-02-25 12:46 | 本・出版
かなり特殊なケースですが……

イ・ヒョリのひと言で、24kg減量したファン(livedoorニュース)
イ・ヒョリのあるファンが、彼女のひと言で、体重を約24kgも減量した事実を公開した。
(中略)
このファンは、昨年イ・ヒョリのファンサイン会に参加して、イ・ヒョリから「あなたが私に寄りかかったら、私は倒れちゃう。私が倒れないくらいに痩せたら、私に寄りかかってもいいよ」と言われた冗談を深刻に受け止め、オク・チュヒョンのヨガダイエットを中心に本格的なダイエットに突入。現在までで24kgの減量に成功し、81kgになった。
記事を読む限り、このファンが男か女なのかわかりませんが(記事の写真はイ・ヒョリ本人みたいです)、けっこうキツイ一言ですよね~

まあ、これくらいガツンといわれたほうが、人は一念発起するものなのでしょうか。

参考:イ・ヒョリ、2年6カ月ぶりのカムバック舞台

私事:これから会議→飲み会で外に出ます。更新は帰宅後、余裕がありましたら。
by aru-henshusha | 2006-02-24 15:55 | カラダ・健康
あらすじがなんか凄いBL小説(D.B.E遊撃隊)

かなりすごいあらすじなので、最初の一行だけご紹介。
周りから『眼鏡くん』などと呼ばれる守岡は真面目で大人しく目立たない高校生だが、実は春になると裸にコート一枚の格好で外に出て女性に「ほーら、ゾウさんだよー」と自分のピンク色のモノを見せたくてたまらなくなってしまう、露出行為のトリコだった。
続きを読む勇気がある人はこちらで。

僕は、あらすじだけでお腹いっぱいです……

追記:このあらすじもすごい。
   いくらヤクザだからってムチャ言い過ぎですよ……
by aru-henshusha | 2006-02-24 13:24 | 本・出版
断っておきますが、特殊なプレイの話ではありません。念のため。

第98話 セックスは耳と耳の間で(MSN-Mainichi INTERACTIVE)
第23話で「セックスは足と足の間ではなく、耳と耳の間で行う」と書いたところ、その後、『?』のメールが多数届きました。以前、テレビでご一緒した時の山田邦子さんの反応は「口?」でしたから、説明不足があったかなあと痛く反省しています。

セックスが行われる場合、直接的な行為がなされている場所が両脚の間であったとしても、その興奮を気持ちいいと感じるか、不快と判断するかは両耳の間、すなわち『脳』が感じ取っているという意味です。同じ相手とのセックスなのに、場所や雰囲気を変えただけで感じ方が違うなどというのは、これを実証するものです。
なるほど、基本的なことですが、なかなか大事な認識だと思います。

それにしても、「セックスは足と足の間ではなく、耳と耳の間で行う」というのはいい言葉だなぁ。

僕が言ったら、ただの下ネタにしか聞こえないんだろけど……
by aru-henshusha | 2006-02-24 12:49 | 恋愛・男女
「ある日の編集者」  木挽町通い(青弓社)
*記事のアドレス、多分そのうち変わります
私は月に1回、11時開演の昼の部から21時前の夜の部終演まで、歌舞伎座で芝居見物にいきます。しかも必ず平日に、しっかりと休みをとって……。学生時代からほぼ15年間毎月、新潮社に入社して記者、営業、編集者と異動のたびに仕事と生活のリズムが激変しても、この趣味だけは続いています
おかげで、梅幸、歌右衛門、先々代仁左衛門の晩年には間に合い、次代を担う役者たちの初役や初御目見得、初舞台、襲名に立ち会うことができたのは、ささやかな自慢でもあります。
新潮新書が創刊されてすぐ、『知らざあ言って聞かせやしょう――心に響く歌舞伎の名せりふ』という名セリフ集の編集をしました。周囲からは「いきなり自分の趣味かよ」と白い目で見られながらも、仕事として歌舞伎のセリフを見つめ直してみると、やはり新鮮な驚きの連続でした。
う~ん、記者時代にも休みをとって歌舞伎を見に行くとは、そうとうの歌舞伎好きなんですね、この方。

それが後々、仕事にも生きるというのは、ある意味、編集者の醍醐味でしょう。

しかし、そんなに休みをとるヒマあるのかねぇ……
この方の段取りがいいのかしら。
by aru-henshusha | 2006-02-23 21:44 | 本・出版