人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2006年 07月 ( 53 )   > この月の画像一覧

ピザって10回言って!じゃあココは?(大手小町)からの抜粋です。

●ピザ、ピザ、ピザ…
「ピザって10回言って」
「ピザ、ピザ、ピザ、…ピザ!」
「じゃあココは?」(ひじを指す)
「ひざ!」
「ブー!ひじだよ~!」

●みりん、みりん、みりん…
「みりんって10回言って」
「みりん、みりん、みりん・・・」
「鼻の長い動物は?」
(自信満々で)「キリン!」
※正解はもちろん‘ゾウ’です。

●ヒラマヤ、ヒラマヤ、ヒラマヤ…
「ヒラマヤって10回言って」
「世界一高い山は?」
「ヒマラヤ!」「ブー、エベレストでーす」

●シャンデリア、シャンデリア、シャンデリア…
「シャンデリアって10回言って」
「毒りんごを食べちゃったのは?」
「間違えないぞ、シンデレラっ」「ブー、白雪姫でーす」

●危険、危険、危険…
「危険」って10回言って…
「キケン、キケン…」
「じゃあここは?」
「ミケン(眉間)」
「ちがうよ~、こめかみだよ~」

●パールライス、パールライス、パールライス…
「パールライスって10回言って」
「世界で一番速いのは」
「カール・ルイス」
「残念でした。ベン・ジョンソンです。」

●ももたろう、ももたろう、ももたろう…
「ももたろうって10回言って」
「亀をいじめてたのは?」
「うらしまたろう!」
「亀をいじめてたのは子供でした~~」


キリがないので、とりあえずこのへんで。
もっと知りたい方は、元のページをじっくりとご覧あれ。
by aru-henshusha | 2006-07-12 13:12 | オモチャ・遊び場
本当にこれがベスト10なんでしょうかねぇ。

厳選された女の子の口説き文句、これで上手くいくのか!?(exciteニュース)

記事中の口説き文句をピックアップすると、以下のとおり。

「君のお父さんは泥棒だったのかい? だって君の瞳は……お父さんが星を盗んで君の目に入れたかのように美しいから」

「ねぇ、君って天国から落ちてきたとき、痛くなかったの?」

「君は疲れているだろう? だって、君は僕の心の中を一日中走り回っているんだから」

「君の瞳が唯一僕に教えてくれないもの……。それはね、君の名前だよ」


以前紹介した、女の子の口説き文句ワースト30と大差ないよなぁ。
by aru-henshusha | 2006-07-12 00:19 | 名言・言葉
いくら嬉しくてもここまでするとは……この人が変わってるんだよね、きっと。

狂犬ガットゥーゾ、ブリーフで脅迫/決勝
イタリア代表ガットゥーゾ、ペルッツィ*写真はこちら
(ともにnikkansports.com)

関連
【W杯】世界一に大興奮のイタリア代表MFガットゥーゾ選手、よくわからないコメントで喜び語る
(痛いニュース(ノ∀`))
by aru-henshusha | 2006-07-11 16:59 | スポーツ・格闘技
いや、たとえ似てなくても、クリ様の記事が書けるだけで、僕は満足なのですが。

この人物のオモテとウラ 滝川クリステル(livedoorニュース)
「近頃の子供は相手の目を見て話さない」

「みんな滝川クリステルのマネをしているのさ」

ちまたでこんなジョークがはやっている。言うまでもなく、「ニュースJAPAN」(フジテレビ)での男性キャスターと滝川との“角度”を冷やかしたものだ。
(中略。っていうか、こんなジョーク聞いたことないぞ)
ちなみに、カメラに向かう気になる角度は「モナリザ」を参考にしたのだとか。

実際のモナリザ

モナリザっぽいクリステル

なるほど、似てるっちゃ似てるかも……
by aru-henshusha | 2006-07-11 01:17 | 芸能人・TV
本日、じつは夏休みあけでして、いろいろ仕事がたまっており、更新が難しそうです……

●オマケ
こんなジメジメする季節は、これでもつかってシャワーでさっぱりしたいですね。

おっぱい型シャンプーディスペンサー 『Shower Breasts』(古今東西製品情報)
by aru-henshusha | 2006-07-10 16:57
これ、個人的に気になっていることなんだけど、

女の人はなぜ、他人の恋愛話(とくに悩み相談など)であれだけ盛り上がれるのだろう?

もしかしたら、僕の身のまわりにだけ強い傾向なのかもしれないけど、最近ずっと疑問に思っていて。


たとえば、女の人が5~6人集まっていて、1人が自分の恋愛の悩みを打ち明けたとする。

そうすると、がぜん盛り上がりますよねぇ。

「わかるわかる」とか、「辛いよねぇ」とか、「そんな人とは別れちゃいなよ」とか、みんな言いたい放題、アドバイスやら同情やらいろいろな意見が入り乱れて、延々その話が続いたり。


いっぽうで、男同士の輪のなかで、「最近彼女とうまくいってないんだよなぁ」という声があった場合。

もちろん、そこでも何らかの「意見交換」はあると思うのだけど、5分後には話題はまったく違う方向にいってもおかしくない。

まあ、一言で言うと「食いつきが悪い」んですよね、男って同性の恋バナには。
(そのかわり、異性の恋愛話には、ウザイぐらい食いつく人もいるけれど)


いやぁ、いったいこの違いは何なんだろう。

僕は恋愛音痴というか、恋愛下流社会人間なので、正直よくわからない。
ただ、それで終わらすのも芸がないので、ひとつだけ仮説を述べておく。

それは、

男にとって「他人の恋愛話=他人の問題」、

女にとって「他人の恋愛話=自分の問題」、

なのかもなぁと。


うまく説明できないのだけど、男にとって他人の恋愛話はしょせん他人事であって、自分に関係ない問題とクールに処理されている気がする。

いっぽう、女性が他人の恋愛話をするときは、「私もこういうことがあった」「自分がその立場だったら……」と無意識的に自分の問題に変換しているから、あれほど熱く語れるように思うのだが。

それとも、男とか女は関係なくて、単に個々人の恋愛経験の差の問題かなぁ。


まあ、こういうことばっか考えているから、いつまでたっても恋ベタなんでしょう、僕は。
by aru-henshusha | 2006-07-09 23:27 | 恋愛・男女
本当だったら(個人的には)大ニュースなのですが……

w-inds.あのうわさの真相に直撃!(ワイド芸能ショー)
7/8放送の「くるくるドカン」で、ネットで
ささやかれているW-inds.のあのうわさについて直撃した。
(中略)
うわさ①「慶太の父はAV男優の加藤鷹である
顔がそっくりのため、ささやかれているうわさ
う~ん、この二人は似てますかねぇ……

僕はむしろ、こちらの方のほうが似てると思うのですが。
by aru-henshusha | 2006-07-09 13:27 | 芸能人・TV
「うつうつひでお日記」に見る物書きにとっての恐怖(たけくまメモ)
紀伊国屋の売上げデーターベースとか、取次のデータなんかが会員の版元には閲覧できるらしい。
(中略)
著者としても、具体的なデータで示されると、そりゃ引き下がらざるをえない。たとえどんなに「俺の本は面白いのに」と思っていてもですよ。「売れない」という厳然たる事実の前には説得力を持ちません。しかしその結果、売れる著者の本は優遇されるのでますます売れ、売れない著者の本は、冷遇される以前にそもそも出せない。ということになります。
これはもう竹熊さんのおっしゃるとおりで、実際、「売れない著者」の企画を会議にかけるのは難しい。

こちらがどんなに企画書であおろうが、会議で熱弁をふるおうが、(とくに営業サイドから出る)「この人、最近の著書は売れてないでしょ?」「厳しいと思うよ~」といったデータに基づく声を跳ね返すのにはそれなりの力というか、追い風がいる。

このとき、自分自身が他の本で実績を残していて、「あいつだったらやらせてみるか」といったお墨付きをもらっていれば違う展開にもなるのだろうが、そうでない場合はとにかく「売れる理由」を考えるしかないのだと思う。

・著者がA社で出していた本はテーマへのツッコミが浅かった
→でも、今回はさらに詳しい内容まで踏み込んだ原稿だから、もっと売れる

・そもそも著者がB出版で出していた本は、デーマが時代とずれていた
→でも今回は、流行のテーマで書いてもらう。類書の動きもいいし、この流れに乗っていけば売れる

・C書房で本を出したときの著者はまだまだ無名だった
→でも、あれから著者はメディアにもちょこちょこ出て有名になっている。**というTV番組にもレギュラー出演するらしいし、このタイミングで出せば売れる

こんな感じで、客観的であれ主観的であれ「売れる理由」を考えるのも、僕ら編集者の仕事なのだろう(逆に、これらがまったく思いつかないような著者の本は、やっぱり売れない)。

もちろん、この企画は本当にいいから絶対本にすれば売れます、で話が済めば一番いいのだけど、組織というのは、そんな「曖昧」な理由ではなかなか動かない。

あざといようだけど、いかに「金のニオイ」がするようにアピールするかは重要である。

(版元にとってという意味ではなく、著者にとって)大事なのは、まずは本を出し、市場に真価を問うことなのだから。
by aru-henshusha | 2006-07-08 16:20 | 本・出版
ユンソナ 婚約者は西川きよし似(exciteニュース)
韓国出身のタレント、ユンソナ(30)が7日、ソウル市内のホテルで婚約報告会見を開いた。婚約者のシン・ゼヒョンさん(36)との出会いは今年3月末。
(中略)
シンさんは飲食店や映画関連会社を手がける実業家。「似てる芸能人は?」との質問に「西川きよしさん!」と即答した。
このニュースを知って、さすがに「西川きよし似」はないだろうと思っていたのですが、実際に画像を見つけてみるとまた違った感想も。

ユンソナ、婚約者シン・ジェヒョンさんの写真公開(livedoorニュース)
多少若いころの西川きよし

顔が、というより雰囲気がちょっと似てるかも……
by aru-henshusha | 2006-07-08 13:20 | 芸能人・TV
久しぶりに、占いネタです。

言葉責め占い*ネタ元:ザイーガ

=========================

ある編集者さんは、 状況説明好き タイプです。

状況説明好きタイプのあなたは、みんなとわいわいするのが大好きです。場を盛り上げるのが得意で、友達もたくさんいます。何も考えていないと勘違いされることもありますが、心の中では緻密な計算が働いています。ブランド物が好きで、持っている物を褒められる事に無上の喜びを感じます。過去や未来よりも「今」を大切にします。

恋愛について:
付き合う相手は人から羨ましがられるようなタイプの人が多いです。好きになると自分から積極的にアプローチしていきますが、気持ちが冷めるとさっさと振ってしまいます。熱しやすく冷めやすいタイプです。恋人がいない期間は比較的短いです。

ある編集者さんの好きな言葉責めは:

お、おいひいです・・。

==========================

どちらかというと当たっていない部分が多いのですが、「状況説明好き」というのはあながち間違いではありません。

しかし、「おいひいです…」ってのはなぁ。
エロ本やゲームにはありそうな光景ですが、現実にはあるかぁ?
by aru-henshusha | 2006-07-07 23:39 | 占い・判定