人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2006年 12月 ( 59 )   > この月の画像一覧

下にリンクした以外でも、だいぶ訃報が重なった1日だったようで。

中島忠幸氏死去 漫才コンビ「カンニング」のメンバー
岸田今日子さん死去 映画「砂の女」などに出演
青島幸男氏が死去 前東京都知事、放送作家(すべてexciteニュース)

こんな日にはいつもにまして、「生と死」についての格言が、身にしみます。

生と死の格言生と死の格言2

なかには、突然訪れる死に対して皮肉めいたものもあるけれど、
今日引用したいのは以下の言葉。

死者にたいする最高の手向けは、悲しみではなく感謝だ。
byレーントン・ワイルダー

人はいつだって、いろいろなものにさよならを言わなければならない。
byピーター・ビーグル
by aru-henshusha | 2006-12-21 00:40 | 名言・言葉
異性を「うらやましい」と感じることは? (FujiSankei Business i)
あなたが異性を「うらやましい」と感じることは?
男性→女性
(1)女性限定の特典やサービスが多い
(2)化粧などでおしゃれが楽しめる
(3)ファッションの選択肢が多い
(4)まわりからやさしくされる
(5)出産できる
(6)専業主婦になれる
(7)おごってもらえる
(8)(美しさなど)女性であることが武器になる
(9)仕事がラクそう
(10)自由に暮らせそう

女性→男性
(1)仕事にだけ専念できる
(2)毎月の生理がない
(3)家事をしなくても許される
(4)化粧やおしゃれをしなくても許される
(5)体力がある、体格がよい
(6)(出世や給与など)社会的に優位
(7)出産しなくてよい
(8)トイレがラクそう
(9)人間関係がさっぱりしている
(10)夜遅くまで飲みに行ける
上のランキングから(むりやり)傾向らしきものを割り出すと、

・男からみた女のイメージ→トク
・女から見た男のイメージ→ラク


なんではないかなぁと思ったり。

たとえば、女性から見た男って、「生理はないし、出産もできないし、家事も化粧もオシャレもせずに、仕事にだけ専念してればいい生き物」。
だから、ラクチンってことなんでしょう。

もっとも、男性には男性なりの大変さがあるし、女性は女性ということで損してる場面もあるとは思いますがね。

まあ、あくまで参考程度に。
by aru-henshusha | 2006-12-20 17:00 | ランキング・アンケート
「いや、それはあんたの考えすぎだよ」という言葉がほとんどな気がしますが……

何となくエロい言葉たち。何となくマヌケな言葉たち。(日常刺激ジャーナル)
何となくエロい言葉たち。(2ちゃんねる)

ゼクシイがないと結婚できない」にエロさを感じるのは、かなり上級者だと思います……

*コメントのレスがたまっているのですが、もう少しおまちを
by aru-henshusha | 2006-12-20 04:07 | 名言・言葉
いわゆる「エロゲ」のメーカーさんだそうです。

求人(OVERDRIVE)*ネタ元:痛いニュース(ノ∀`)

同人活動 可。」「バイク通勤 可。」「金髪、長髪、刺青は程度によりOK。

と一見物分りのいい会社に見えますが、

無法者不可。童貞不可。

なんだとか(しかし、無法者って?)。


また、

採用時にもれなく専用寝袋を支給。

って、嬉しくねぇ……(いや、汚い仮眠室で寝ている某版元の方々などからしたら、嬉しいのかな)
by aru-henshusha | 2006-12-19 13:18 | 商品・企業・仕事
第52回 宴会・食事会での“モテるマナー”(モテ非モテドットコム)
私が思う、モテる鍋の食べ方は

* 鍋は熱いうちに「おいしそうに」食べる
* 鍋の近くにいるならおっくうがらずに野菜や肉、魚などを投入
* 食べる事に夢中になりすぎずに、話を楽しむ
* あまり食べてない人や、食べ終わってしまった人に
「あったかいところ食べない?」とさりげなく聞く
* バランスよく食べる
* 周りに合わせた食べ方ができる
う~ん、これってモテるっていうか、単に気が利く人なだけのような気がしますが……

もっとも、リンク先では、
もちろん、大人数で食事をするというのは、
職場や友達など気心の知れた仲間が多いんでしょうけれど、
そういう場で“女性だけ”とか“特定の女性にだけ”気を配る男性よりも
“みんな”に気を配ることができる男性の方が素敵です。
とまで断言してるし、まあ、とりあえず真似してみましょうか。
by aru-henshusha | 2006-12-19 09:52 | 食品・グルメ
まあ、笑えるかって言われると正直笑えないんですけど、そもそもダジャレってそんなものですよね。

駄洒落(Wikipedia)
*ネタ元:カジ速

以下は、個人的に気になったダジャレ。
いままであまり聞いたことがないという観点で選んだので、面白さは二の次です。

* 「1点の差」って…何いってんのさ!
* 韓国への勧告
* コンドルがめりこんどる
* 副部長の鼻血を拭く部長
* シチズンの時計がしちずん(7時)をお知らせします。
* スーパー銭湯に行く人は数パーセントくらいだ。
* 猫がロンドンで寝ころんどん?

タグ:
by aru-henshusha | 2006-12-18 13:37 | 名言・言葉
「アイドル」写真集ランキングとありますが、1位はこの方でした。

【アイドル写真集】TOP30(セブンアンドワイ)

ちなみに、ランキングをよく見ると、タイトルに「年齢」を関したものが何冊か入っていますね。
(「19 高橋愛写真集」「17才 亀井絵里写真集」「楽園 二十歳のシークレット・パラダイス 秋山莉奈写真集」など)

あのアイドルの**歳の姿が記録されている、というのが写真集の存在意義のひとつ、ということでしょうか。
by aru-henshusha | 2006-12-18 00:12 | ランキング・アンケート
アメリカの女流作家、ウィラ・キャザーが、
ひとりでは多すぎる。ひとりではすべてを奪ってしまう。
ということを書いている。ここの「ひとり」とは恋人のこと。相手がひとりしかいないと、ほかが見えなくなって、すべての秩序を崩してしまう、というのである。

『思考の整理学』42ページ)

本屋で何気なく手に取ったこの本で、この言葉を見つけたとき、
僕はずっと解けなかった数学の問題が、いっきに解けたような気がした。

そう、あの日、君に言われた、

「お互い違う人を見たほうがいい」

という言葉の意味が。


ほかの人のことはよく知らないけど、僕たちは、
お互い律儀に、ずっと「相手ひとり」を見てきた。

だけど、僕たちは、完璧じゃなくて(あるいは互いが完璧を求めすぎて)、
その「ひとり」のために、ずいぶん悩んで喧嘩もした。


僕が君に心ない言葉をぶつけると、君は必ず、
「だったら、あなたが私を捨てればいいでしょう」と言い返した。

それでも僕は、その「ひとり」を手放すことができなかった。

「ひとり」は僕の生活のなかで、たしかに「多すぎる」存在で、
でも、その「ひとり」がいなくなったら、僕にはほとんど何もなかったから。


けれど、君にとって、僕はもう「すべてを奪う」だけの存在だったんだよね。
だから、僕は君の「ひとり」ではなくなった。


何だかんだいって、僕は君の「言いつけ」を守る男で、
いま、精一杯、違う人を見ようとしてる。

でも、本当に見てるだけなんだ。


君より、きれいな人はいくらでもいる。
君より、かわいい人もいくらでもいる。
君より、頭のいい人もいくらでもいる。
君より、僕の仕事や立場を理解してくれる人もいくらでもいる。

けれど、そういう人が、僕にとって次の「ひとり」になるのだろうか。
(むろん、相手の意思が第一だけど)僕には、まだそう思えない。

僕の「ひとり」は、まだ君だ。
指定席には、相変わらず君が座り続けている。


僕も君も、けっきょく「ひとり」しか見られない人間だと思う。

その「ひとり」がお互いである必要はないけれど、
君に新しい「ひとり」ができれば、君はまたその人を見続けるだろう。

たぶん、そういう愛し方しか、僕らはできない。
でも、それは決して、言うほど悪いものではないと僕は思う。


「ひとり」は奪うだけのものではない。

僕は、「ひとり」に色々なものをもらったよ。
それは、僕自身が一人になったとき、このなかに生きている。

奪われるだけなら、あんなに一緒にいられなかった。
次の「ひとり」ができたときに、そのことだけは思い出してよ。
by aru-henshusha | 2006-12-17 17:14 | 不定期なヒトリゴト。
下に行けば行くほど過激です。
このての話が苦手な方は、USBエロ犬どまりがおすすめ。

◆永久腰振りUSBエロ犬発売へ(動画あり)(◆空を見上げて犬は今日も歩く)

USBバイブ(オフビート)

USBオナホール壱号機その1
USBオナホール壱号機その2
(ともに、USBオナホール作ったよ(・ε・))

どれかひとつでも会社のパソコンにつないだら、アウトでしょうね……
by aru-henshusha | 2006-12-17 00:19 | ユーモア・ネタ
大人の日本人からすると、さすがに「難しい」とは思えないかな?

日本の小学校入学試験問題「難しすぎる」韓国で話題(中央日報)

リンク先で紹介されているのは、慶応義塾大学付属小学校の入試問題だとか。
小学校受験事情には疎いのですが、ほかの小学校の入試問題に比べると、やはり難易度は高いのかも。

あと、問5のカエルの問題は、たしかにユニークですね。
キャラクターがけろけろけろっぴに似てるのが、ちと気になりますが……
タグ:
by aru-henshusha | 2006-12-16 17:16 | 学問・勉強