人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2007年 04月 ( 60 )   > この月の画像一覧

見出しがイマイチなのは、下の記事にかけているからです……

青年よ、ハウツウ本を捨てよ、町に出よう(代替案のある生活)
最近電車に乗っていても、いわゆるハウツウ本を読んでいる人が多いように見受けられる。対人関係、営業の仕方、仕事の仕方、効果的なプレゼンテーション、果てはお金の儲け方まで、最近はハウツウ本が良く出ている。別にハウツウ本が悪いというのではないが、たとえば、対人関係についていえば、いくらハウツウを本から習ったところで、ひととちゃんと接していかなければ何も身につかない。誠実さや信頼される態度は、ハウツウ本で得られるとは思えない。

特に若い人たちは、まだまだ自分を育てていく余地を十分に残しているのだから、ハウツウ本に頼らず、古典を読んだり、芸術に触れたり、影響を与えてくれるような人と接したりする事の方が重要だ。
この方が言っていること、当たってる部分もあるとは思います。
でも、いわゆる「ハウツー本(この表記で統一)」も作る編集者としては、全面的に賛成ですとは言いたくありません。

なるほど、ハウツーからは得られない知識、生身の人と交わらなければ得られない経験というものは、たしかにあるでしょう。

けれど、それらを生かすのに、かえってハウツー本に書かれている情報が役に立つこともあるかもしれません。


たとえば、AさんはBさんによく頼みごとをしていたとする。
毎回のように頼みをきいてくれていたBさんが、ある日、Aさんに「もう、君の頼みごとはきけない」といいました。

突然の展開に驚くAさん。
むろん、冷静に考えれば、一方的に頼んでばかりの彼にBさんが愛想をつかしただけですが、(自分ばかり頼みごとをするほど)鈍感なAさんはそれに気がつかない。

こんなとき、Aさんが人間関係のハウツー本を見れば、

「人間関係はwin-winである」「もらう前に、まず与えよ」

といった一節に引っかかり、自分のまずさに思い至るかもしれません。

自分ひとりの頭では気づけなかったことでも、ハウツー本がヒントになる可能性はある。


ハウツー本に書かれていることは、ともすればベタで、応用の利かない原理原則でしょう。
人によっては、「言われなくてもわかるよ、そんなことは」といったレベルの情報かもしれません。

それでもハウツー本に一定の需要があるのは、どんな人でも初めは「当たり前のこと」がわからないし、またそんな「当たり前のこと」の判断さえできなくなるほと迷う時期が、人にはあるということではないかと思います。


「町に出て」自分の目で物を見、自分の頭で考え、成長できるのはすばらしいことです。
が、それは同時になかなか難しいことでもあります。

そんなときに「杖」となるのがハウツー本の役割だと、僕は勝手に思っています。

別に、自分の足で歩けるようになれば、一度は本を放ってしまえばいいのです。
けれど、いつのまにか、うまく歩けなくなったとき、またハウツー本にかえってもいい。

人は、どんなものからも学べるし、どうせ学ぶなら、いろんなものから学んだほうがいいのではないでしょうか。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-05 01:30 | 本・出版
以前書いた、オフィスラブの始まりは、一体どこからか?とあわせて読むと面白いかもしれません……

オフィスで恋が芽生える瞬間は?1(All About)
この瞬間、オフィスで恋に落ちた! 恋が芽生えた!
1)落ち込んでいるときに励まされた……89票
2)仕事ができる姿を見たとき……50票
3)仕事中とリラックスしているときのギャップ……49票
4)残業……44票
5)人目ぼれ……32票
6)ない……31票
7)プロジェクト……29票
8)ちょっとした気遣い……27票
8)気づけばいつも2人……27票
10)飲み会、イベント……22票

  ほめてくれた……21票
  休憩中……15票
  笑顔……10票
  目が合った……8票
  手が触れたれた……4票
  その他……33票
*引用部は1から
上のランキングを見る限り、恋に落ちるキッカケは色々あるようです。

もっとも、職場の人員構成や雰囲気によっては、「恋愛なんてありえない」会社もあるんじゃないでしょうかねぇ。
夜,残業しているとき、周りに人がいないので人目を気にせずにいろいろと話ができるから。お互いに素直な気持ちで話すから新たにいい点が見つかるんだと思います」(男性・30代・山形県)
なんてコメントもありますが、以前いた会社で連日午前2時くらいまで働いていたときは、男女問わず「話かけんじゃねぇオーラ」が出てたような……
by aru-henshusha | 2007-04-04 20:04 | 恋愛・男女
あえて、個人的論考は控えますが……(たんに多忙なだけだったりする)

伝説の編集者・見城徹の「ベストセラーを生み出すための四つの必要条件」(活字中毒R。)
僕はつねづね、売れるコンテンツ(本であれテレビ番組であれ何であれ)は四つの要素を備えている、その必要条件を満たすものは必ずヒットすると思っています。
 (1)オリジナリティがあること。
 (2)明解であること。
 (3)極端であること。
 (4)癒着があること。


目指すもの(ひでむす)
で、、ベストセラーの条件って知りたいでしょ?はい、下記のものがベストセラーの条件だそうです。
 1、著者ブランドの確立
 2、世の中のニーズをとらえたコンテンツ
 3、適切な出版社・編集者選び
 4、世に広めるためのメッセージ・コピー
 5、市場の集中度合い
 6、適切なマーケティング

*注  出版マーケティングコンサルタント・土井英司氏の理論


あ、あと忘れちゃいけない山田さんのこれ。

ベストセラー考(1)(2)(3)
*注 とくに「読者ターゲットの設定」の重要性が説かれている


僕も飲み会・勉強会等で、いろいろな版元の売れっ子編集者に会うのですが、正直、言っていることは人それぞれです。
(もちろん、共通する部分もあるけれど)

一番大事なのは、借り物ではなくて、自分自身の得意な「」を見つけることではないでしょうかねぇ。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-04 02:10 | 本・出版
いわゆる「ポロリ」とは何の関係もございません……

いくつわかる? 最新“若者言葉”(livedoor ニュース)
「明鏡国語辞典」などの編纂(へんさん)に携わった文学博士の北原保雄氏が監修した「みんなで国語辞典! これも、日本語」(大修館書店)が売れている。

「携帯版の『明鏡国語辞典』の新装発刊を記念して、国語辞典に載せたい新語を募集したところ、11万1472作品もの応募がありました。本書はその中から厳選した約1300の新語を収録したもの。特に年配の人ほど難解な若者言葉に興味があるようで、中高年層を中心にウケていて、8万部を売り上げるヒットになっています」(出版元の担当者)
リンク先では、その新語の一部が紹介されているのですが、その中にこんな言葉が。
【精神的乳を出す】本当にバストを出すわけではない。好きな男の前で色気を出して女らしさをアピールすることだ。
ちょっと捻った言い回しだなぁと感心したのですが、もともとマンガ発祥の言葉のようで……

ラブ★コン語

ネコ好きの僕としては、こちらの言葉も気になりますがね。
キャッツ!!
ショックの猫級。猫耳をつけペンで顔にひげなどを描かれて猫のような顔にされた大谷が発した。
それにしても、「猫級」って……
by aru-henshusha | 2007-04-04 01:36 | 名言・言葉
中谷さん、常識人ですね……

中谷彰宏レター 第2558号:サインをもらう時は、後ろの人のことを考えよう。
親愛なる君に

先日の講演のあと、
5分だけサインの予定が、1時間になってしまいました。
講演のあと、握手・サイン・写真撮影は、できるだけしてあげたいと
思っています。
100人いると、1人30秒で、1時間かかります。
あとのスケジュールが詰まっていることが多くて、
でも、できるだけ大勢の人にしてあげたいとハラハラするのが、
悩むところです。
「質問があるのですが」と言う人がいると、
たった3分でも、6人のサインをすることができなくなってしまいます。
こういう人は、講演中に質問をしない人です。
サインにその人の名前も入れてあげたいんですが、
文字の確認が、意外に時間がかかるのです。
1人10秒だとしても、100人いると、17分かかります。
そうすると、後ろの34人の人のサインができなくなります。
一番マナーがいい人は、
名前を書いた紙や名刺を一緒に出してくれる人です。
スムーズに、名前を入れてサインを書くことができます。

サインをしてもらう時は、自分の後ろの人をいつも、意識しましょう。

                        彰宏より。
P.S.
一緒に撮った写真を、メールで送ってくれる人は、一番うれしいですね。
ちなみに、「自分の後ろの人を意識する」ことの大切さはサイン会以外にも言えそうです。
ATMとか、スーパーでの行列とかね……
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-03 02:51 | 本・出版
いやぁ、面白いですわ、このジェネレーター。

村上春樹風に語るスレジェネレーター

好きな単語を入れると「村上春樹風」に語ってくれるというので、さっそく「編集者」を入れてみました。以下は、生成された文章からの抜粋。

完璧な編集者などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。


「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしているわけ? シコシコッって?」と緑は寮の建物を見上げながら言った。
「たぶんね」
「男の人って編集者のこと考えながらあれやるわけ?」
「まあそうだろうね」と僕は言った。「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらマスターベーションする男はまあいないだろうね。まあだいたいは編集者のことを考えながらやっているんじゃないかな」
「スエズ運河?」
「たとえば、だよ」


「編集者?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかく編集者よ。完璧に。二〇〇パーセント」


僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたの編集者」と呼んだ。


僕はなんだか自分が編集者にでもなってしまったような気がしたものだった。
誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。
それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせてももっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。


彼女は小馬鹿にしたような顔つきで我々を見た。
雨上がりの舗道に落ちている編集者でも眺めるような目つきだった。


「それから君のフェラチオすごかったよ」
直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。
「編集者もそう言ってたわ」
「僕と編集者とは意見とか趣味とかがよくあうんだ」
と僕は言って、そして笑った。
彼女は少しずつ編集者の話ができるようになっていた。



もう、編集者っていったい何なのよ……
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-03 02:44 | ユーモア・ネタ
発信による成長(MORI LOG ACADEMY)
講演は不得意ではない。もう20年以上、大勢の前で話をすることが仕事だったからだ。しかし、けっして気持ちの良いものではない。肉体的には疲れないものの、話をしたあと必ず気分が落ち込む。もっと伝えられたはずだ、もっと説明できたはずだ、もっと知ってもらいたかったことがある、という後悔ばかりが頭に浮かんでしまう。そういう幻滅にも慣れたけれど、でもやはり面白くはない。同様の不満は、ものを書いたあとにもある。
つまり、「発信」という行為は、どうしたって結局は欲求不満が大きくなるだけなのだ。「受信」は少なくとも「満たされる」行為だが、「発信」はその逆である。出したから不満になるのではない。出すことによって、さらなる未知を知ってしまい、容量が増すために、相対的に不満になる。
だから、ものを表現し伝えることで、満足を得られると考えている人は、たぶん長続きしない。クリエータを目指す人は、古い表現だが、そのことを肝に銘じておくと、仕事として持続できるだろう。満足を求めてはいけない、ということ。不満が大きくなることが正常なのだ。それが、発信することによって得られる「成長」だ、と僕は最近気づいた。
僕が担当している著者も、先日、似たようなことをおっしゃっていました。

「一冊本を書いた後は(自分のノウハウを)すべて出しつくした気になるけど、それによって空っぽになった自分に、新たな情報・経験が入ることで、また次の本が書けるようになる」

ただし、こうやって成長できるのも、表現者としての才能(もちろん努力も)なのかもしれません。
同じようなものを表現、発信し続け、どんどん「退化」していく人も、この業界にはよくいるので。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-02 00:37 | 本・出版
単純に考えると、女子アナ好きなサラリーマンが読者だから、という理由が浮かびますが……

週刊誌が女子アナの醜聞を積極的に扱うにはワケがある(金沢誠エンタメ総研)
週刊誌には、取材相手にコメントをとりにいくことを専門にしている記者がいる。通称“突貫記者”もしくは“突貫小僧”と呼ばれ、新人の多くが担当する。むろん私も経験してきた。いい話ならまだしも、悪い話、つまり相手の商品価値を落とすかもしれない記事の場合は、身の危険を感じたこともある。
(中略)
たしかに悪い話の反論コメントをとりにいくときは気が重い。ときには馬鹿馬鹿しいと思うときもある。『週刊新潮』(07・4・5)の(先輩アナ『川田亜子』をイジメた後輩アナ『青木裕子』)を読んで、改めてそう思った。記者が、事実かどうか、TBS広報にコメントをとっているのだ。『2人が仲が悪いというのは事実無根です』と広報はいう。あたりまえのことだ。『おっしゃるとおり。いやぁ、仲が悪くて困っているんですよ』と広報がいうわけがない。取材テクでいえば、証拠残し、のようなものである。記者もお疲れさんだ。おそらく馬鹿馬鹿しく思いながらぶつけたに違いない。ただいまはそうした取材も重要になってきた。慰謝料が1000万円クラスになっているからである。それでいて、週刊誌が苦労してとってきた有名人のスキャンダルを、テレビがそつなく紹介し、視聴率を稼いでいるのが実態だ。「今後も、テレビが扱わない女子アナの醜聞ネタを増やしていくしかない。これが生き残り手段で報復措置でもあるんです」 とある編集長が、怨念をこめていっていたのを思い出す。
なるほど、普段、おいしいところを持っていかれているテレビに対するリベンジの意味もあるとは、思いませんでした。

ただし、最近の週刊誌は、ネットで話題になったスキャンダルを「そつなく紹介」するような記事も増えているようですが……
by aru-henshusha | 2007-04-02 00:28 | 本・出版
あまりに、あまりに対照的な記事でした……

ケータイ小説(光村推古書院、壬生浪士のひとりごと)
4月になれば小学校6年になる娘がケータイ小説にハマっている。
ケータイで読めるというのに、本が良いと言う。

眼が疲れないと言う。
ページをめくるのが楽しいと言う。
読み終えたときに、「私が読んだ本」という形が残るのが
良いと言う。
紙のニオイが良いという。
紙の触感が良いと言う。
(中略)
私の娘だけではなく、娘の複数の友人が
「ケータイ小説」という本を読んでると言う。

本は不滅だと感じた。


文章が好き、なのかな(未公認なんですぅ)
文章を読むための媒体が、紙でなければいけない必要を、本でなければいけない理由を、自分は見つけられない。

誰かの文章を読んだり、それをいじったりすることはけっこう好きなので、いまの(なんちゃってとはいえ)「編集者」という肩書きを持った仕事も嫌いじゃないけど、それらの文章をどういう入れ物に入れて発表するかについては、こだわりはない。本でもいいし、ウェブでもBlogでもいい。

やっぱり自分は、本が好きなわけじゃなく、文章が、文字を読むことが、好きなんだろうな、きっと。
「未公認なんですぅ」の、あまろ~ねサンが言うように、「文章」の入れ物は「本」だけではありません。

ネットでもいいし、それ以外の電子書籍という形もあるでしょう。
オーディオブックなんてものも「文章」がもとになっていることには、違いないでしょう。


でも、

だから、本にこだわらないのか?
それでも、本にこだわるのか?

と訊かれたら、僕は後者を選びます。
僕はやっぱり、「文章」も「本」も好きなので。

子供のころから、少なくとも僕の人生においては、「本」は必要だし、不滅の存在だったので。


「本」という入れ物が、今後も一定の地位を占めるのか、それともどんどん衰退していくのか、僕にはわかりません。

けれども、ケータイ小説をわざわざ「本」で読む、そんな(僕と同じく)本が好きな読者がいるうちは、僕はバカの一つ覚えで「本」を作っていると思います。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-01 02:56 | 本・出版
正式発表らしきものが見当たらないので、スルーしていたんですが……

男性向け雑誌で知られる「英知出版」がついに破産!! 神宮前の本社は閉鎖へ!
(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック)

少し前に、この記事でも取り上げていたので、少々ビックリです。

「エッチ大」と呼ばれるのが嫌だった英知大学、いつの間にかH雑誌を作ってなかった英知出版。
*こうなるんだったら、英知大学、名前を変えなくてもよかったのにね……


ま、それはともかく、今回の「英出版」の破産情報については、一文字違いの「英出版」もメイワクしているみたいです。

書店様へのお知らせ(Eijipress blog)
書店様 各位

平素より弊社書籍販売に多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございます。
現在、一部書店様に弊社(英治出版)と近似する商号の出版社様の経営状況について
情報が流れております。

弊社(英治出版)とお取り間違いないよう、よろしくお願いいたします。
(中略)
2007年3月31日
英治出版株式会社
代表取締役 原田英治
ちなみに、英治出版は最近元気な、ビジネス系の出版社です。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-01 02:33 | 本・出版