人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2007年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

見出しの意味がわからない人もいると思うので、まずはこちらの記事をチェックしてください。

インド式計算本、「酷似」と晋遊舎が2社に販売中止求める(YOMIURI ONLINE(読売新聞))
81×89など2けた以上のかけ算が簡単に解けるとして「インド式計算」術が人気となっている中、ブームの火付け役となった本を出した出版社が、タイトルや表紙があまりに類似した本を刊行した2社に対し、「購入者に誤解を生じさせ、明らかに著作権法に違反する」として、販売中止を求める抗議書を送った。

抗議したのは今年3月に『インド式計算ドリル』(中村亨著、加々美勝久監修)を出版した晋遊舎(東京都千代田区、武田義輝社長)。
(中略)
ブームに便乗して関連本が相次いで出版され、「インド式」を名乗る算数・数学本は約20冊に膨れあがった。微妙に違うタイトルだったため同社は静観していたが、6月になって、KKベストセラーズ(豊島区)の『頭が良くなる インド式計算ドリル』(遠藤昭則著)と、メディアボーイ(同区)の『インド式 東大生が教える!超計算ドリル』(山根道彦監修)と、ほとんど同じタイトルの2冊が店頭に並んだ。とりわけ、KK社は、表紙の字体も酷似している上、本の根幹をなす計算ルールの記載方式もそっくりだと主張している。
たしかに「ひどい話」ですが、出版界には昔からこの手の話が多いんですよねぇ。

売れてる本・テーマがあると、そのオコボレにあずかろうと「柳の下のドジョウ本」がアチコチから出る。

むろん、いちばん最初に出た本の売れ行きを後発本が超えることはまずないのですが、それでもソコソコ部数が出たりするので、各社(および各編集者)は同じことを繰り返してしまいがちなんです。


さて本題。こういった「柳の下のドジョウ本」を最近連発している、(わりと有名な)出版社があるんです。
それがアスコム(旧アスキー・コミュニケーションズ)

先述したように、ヒット本のオコボレを狙うのは業界では珍しくないことですが、この版元はかなりその姿勢が露骨な気がします。

(例/下が元ネタと思われる本)

人は「話し方」が9割(アスコム)
→人は「話し方」で9割変わる(経済界)

超インド式桜井計算ドリル(アスコム)
→インド式計算ドリル(晋遊舎)

お客が集まる!ワルのしかけ(アスコム)
→上司の すごいしかけ(中経出版)*これはカバーも相当似せてます

社長のベンツは本当に4ドアなのか?(アスコム)
→なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?(フォレスト出版)

世界がもし全部アメリカになったら(アスコム)
→世界がもし100人の村だったら(マガジンハウス)


まあ、中には「パロディ」といえるものもあるのかもしれませんが、相当開き直ってますよねぇ……

自分自身、先行書を意識したタイトルをつけることはよくありますが、これはチョットつけられないわ。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-07-19 21:27 | 本・出版
あえてマイナスのほうに注目してみました……

【都道府県】 「美人が多い都道府県は?」(livedoor リサーチ)
*リンク先アンケートより、得票率が1%未満の県を抜粋
茨城県 0.68%
栃木県 0.42%
群馬県 0.21%
富山県 0.79%
福井県 0.63%
山梨県 0.33%
岐阜県 0.72%
三重県 0.54%
滋賀県 0.56%
奈良県 0.44%
和歌山県0.44%
鳥取県 0.30%
島根県 0.44%
岡山県 0.44%
広島県 0.86%
山口県 0.49%
徳島県 0.35%
香川県 0.30%
愛媛県 0.65%
高知県 0.70%
佐賀県 0.44%
長崎県 0.84%
大分県 0.56%

こういうのって県の知名度・イメージも反映されるでしょうから、県民の方の実感を聞きたいところですね。
by aru-henshusha | 2007-07-19 20:52 | 街・地域
個人的には、かなり「UZEEE(ウゼー)!」と思ってしまいましたが……

みんな、見た目の年齢気になる?(L25.jp)

年齢を聞かれたとき、どう答える? (単数回答)
年齢を聞かれたとき、「何歳に見える?」と聞き返す男が3割。_c0016141_2041383.gif
これってやっぱり、実年齢よりも若く見られることを期待しているんでしょうかねぇ……

こういうヤリトリ、はてしなく面倒くさいなぁ……
by aru-henshusha | 2007-07-19 20:43 | 恋愛・男女
渡辺和博さんが「私のようなフリーライターの子どもは……」と相談されたときに返した言葉
(活字中毒R。)
昔、私のようなフリーライターの子どもは……、と渡辺さんに相談したら、「馬鹿、子どもにとっては自分の親が普通だ」と叱られた。
*『週刊アスキー・2007/7/17号」(アスキー)の「Scene2007」(文・神足裕司)より。

今までに何度もこのブログに書いていますが、僕の亡くなった親父もかつては編集者でした。

親父に直接聞いたわけではありませんが、彼ももしかしたら「編集者(であった)自分の息子」の行く末を案じていたのかもしれません。

親父が亡くなった後、数年たって、僕は彼と同じ職業につきました。
母親にはけっこう反対されたのですが、僕が頑固なのは昔から変わらないので、けっきょく自分で選んだ道を行くことにしました。


その後、著者や学校の後輩から、「あなたは、なぜ編集者になったのですか」と質問されることが何回かありました。

そう聞かれるたびに、僕は、「いやぁ、うちの父が編集者だったもので……。一番身近な仕事が<編集者>だったんですよ」と答えるようにしてきました。

ずいぶんテキトーな志望動機ですが、それだけが理由ではないにせよ、親父が編集者だったことが、僕に大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。


言い換えれば、それは僕にとっての「普通」でした。

親父が編集者であったこと、彼の(仕事への熱心さやら何やらの)せいで家庭が壊れたこと、親父が本当はどんな人なのかもわからないまま何年も過ぎたこと、親父が生きている間にけっきょく数回しか会えなかったこと……

他の家の子供と比べたら少し変わっていただろうウチの事情も、僕にとっては、すべて「普通」でした。


何とまとめればいいのかわかりませんが、ようは子供の数だけ「普通」の親がいて、「普通」の家庭があるということなのでしょう。

でも、こんな「普通」のことが納得できるのにも、けっこう時間はかかりましたがね。
by aru-henshusha | 2007-07-15 03:01 | 本・出版
われながら男女ネタばっかり続くなぁ(次はまじめな話書きますよ、ホント)。

【トレビアン恋愛】これがエッチの最低限のマナー! 「最中に携帯に出るな!」(livedoor ニュース)
<セックス中にコレは冷める! 男女共通編>
・携帯に出る
・ずっと仏頂面
・ゲップ
・写真を撮りはじめる
・元彼・元彼女の名前を呼ぶ

<セックス中にコレは冷める!男性編>
・あえぎ声が甲高い男
・何でも確認してくる男
・名字に「さん」付けで呼んでくる男
・避妊を拒否する男
・早漏を隠そうと言い訳をする男

<セックス中にコレは冷める!女性編>

・「長くない?」「まだー?」とか言い出す女
・避妊を断る女
・無反応女
・演技が分かりやすい女
・化粧の味がする女
「大人のマナー違反」なものも多いですが、「あえぎ声が甲高い男」は仕方ないところもあるのかな~と。
(いや、僕がそうだというわけではなくて……)
by aru-henshusha | 2007-07-15 02:36 | エロ
数字で読み解く男女の心理#33 女性が言われてうれしいほめ言葉は?(サンマリエ)
女はやっぱり、「見た目」をほめるのが正解?_c0016141_243059.gif

上のグラフを見ればわかるように、「カワイイ/キレイですね」がダントツです。

「見た目」ばかりをほめていると、相手の外見にしか興味がないととられかねないかなぁとも思うのですが、そういう心配は杞憂なんでしょうかね。

あと、今回、ほかの選択肢が微妙ではないかとも思ったのですが……
(「素直」ってほめ言葉なのかしら)
by aru-henshusha | 2007-07-15 02:10 | 恋愛・男女
久しぶりの更新は、このネタの続報的お話から始めます。

知らなきゃ損する 最新版OL合コン隠語(livedoor ニュース)
「いよいよ戦闘開始」「撃沈、誤射、自沈との各部隊の攻撃成果が確認」。物騒な言葉が並んで何事かと思うが、これらはすべて、海自の合コン用語だ。先日、新聞で叩かれていたが、実はOLの間では、もっと精巧な合コン隠語が飛び交っている。
(中略)
●KY

「空気読めよ!」の略。「まったく、アイツらKYだよね~」と、合コンで空気を読めない男女を指す

●Tサミット

 トイレサミットの略。合コン半ばでトイレに立ち、男性の品定め、またはその後の展開について話し合う

●ショッパイ、スッパイ

 相手のメンバーがいまひとつなこと

●地蔵クン

 何を言っても反応が薄く、心が読めない相手。「イケメンなんだけど、地蔵君なんだよね。ちょっとコワくない?」のように使う

●PK戦


 気に入った相手がなかなか落とせない際の延長戦を指す。「このままPKでゴール決めちゃう(エッチしちゃう)」と使う場合も

●プリズンブレイク


 終電前に解散すること。米の人気ドラマ「プリズンブレイク」の表題から取ったもの。「今晩はプリズンブレイクで」と使用

●関ケ原

 10対10など、大人数で行う合コンのこと

●「パリスだね」

 外見はいいが、中身がない、あるいはバカ。貧乏(派遣、契約、アルバイト)を指す場合も。パリス・ヒルトンから来た造語

●「今日はマシンになります」

 目ぼしい相手が見つからず名刺配り(のマシン)に徹するという意味
僕なんか、さぞかし「PK戦不要のショッパイ面子」なんでしょう……

ちなみに、「サーモンしちゃう?」と言う言葉があって、

<いったん解散したふりをして、再び2人だけで飲み直す、お誘い用語。鮭が川に戻って産卵することから名づけられた>

そうです。うまいんだか、うまくないんだか……
by aru-henshusha | 2007-07-15 01:59 | 名言・言葉
この記事、とくに書店営業&書店の方に読んでほしいです。

なぜ新宿紀伊國屋の店員はつまらなそうなのか(シロクマ日報)
紀伊國屋新宿南店の品揃えは一種独特です。他店では決して平積みされないような本が平積みされていたり、意外な本が意外な場所に置いてあったり(例を挙げると問題があるので、実名は出しませんが)。上層部から「この本を売れ!」という指示のもとに動いている、というような印象を受けます。まぁそれも組織運営の一つですが、仮にそうだとすれば、店員さんがつまらなそうな顔をしているのも当然でしょう。
僕も業界に入って以来、編集プロパーの人間なので、書店と書店営業に関しては恥ずかしいほど無知な人間です。

だから、自信を持って違うとは言いませんが、この指摘って何か変じゃありません?


僕自身、新宿南店のビジネス書売り場で「意外な本が意外な場所に置いてあった」のを見たことがあります。
少し詳しく書くと、ほかの書店ではそれほどいい位置に置かれてなかったある本が、新宿南店ではレジのそば、かなり目立つ位置に置かれていたんですよ。

最初見たときは、正直、「この本、そこまでプッシュするような本なのかな~」と思いました。

でも、あとで紀伊国屋の売上げデータベースを見ると、その本が新宿南店で飛ぶように売れているんです。


僕はそのとき、この本を出している出版社の営業の方や新宿南店の書店員さん(あるいはその両者)が、

この本は内容はよくできているし、もっと人の目に触れるところに置きさえすれば、必ず売れるはずだ

という目算のもとに、その場所で仕掛けたのかなぁというふうに、理解したんですね。

で、そういうことをするのが、多分、書店員さんや書店営業の方の大事な仕事の一部なのだろうと。


もしも、各社営業の方なり各書店員の方がこのブログを見てくださっていたら、はなはだ初歩のことでしょうが、この件についてコメントいただけると嬉しいです。

自分の業界のことだからこそ、改めてちゃんと勉強したいと思いますので。

*もうしわけない、紀伊屋というのが正式の表記ですよね……
業界の端くれとして、本当にお恥ずかしい……
by aru-henshusha | 2007-07-11 01:49 | 本・出版
by aru-henshusha | 2007-07-11 01:27 | 商品・企業・仕事
本と、再会すると、新たな発見がある。(中谷彰宏レター 第2653号)
「しばらく、中谷本から離れていたけど、
最近、ふと、読み返してみると、新たな発見がありました」
というお手紙を、いただきました。
本も、人と同じように、出会いの流れがあります。
「ちょっと離れている時期」があっても、
再び出会うと、また、前よりいっそう、仲良くなれたりします。

前読んだ頃には、気づかなかったことにも、
気づけたりします。
その間に、誰でも、いろんな経験をしていて、
本の中に、自分の経験を照らし合わせることが、
できるからです。
本は、いつも、再会を待っています。
引用した部分はまったく同感。
いっぽうで、再会すると、「あれ、こんなにつまらない話だったっけ」とガッカリすることもある。

これは相手が「人」でも、きっと同じことだろう。
会わない間に自分がどう変わったか、相手がどう変わったかで、印象は変化する。

その意味で、出会いというのはつくづくタイミングだなぁと思う。

でも、本当に会うべき本や人には、いつだって最高のタイミングで出会ってるのかもしれない。

うわ、自分の文まで中谷センセっぽくなってきた……
タグ:
by aru-henshusha | 2007-07-09 03:40 | 本・出版