人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「新年早々(4記事目にして)、シモネタかよ」と思われる方々もいるかもしれませんが、
まあ、明日の仕事始めの前に、エロ始めということで……
(だって、やたらその手の言葉で検索してくる人が多いんですよ、正月中って)

まあ、それはともかく、以下がネットで集めた加藤鷹さんの名言です。
これでもだいぶ絞り込んだので、ぜひネタ元も見てください。
(ちなみに、セックスに関係ない話→セックスの話と緩やかに並べてます)


●「加藤鷹」名言集

・オレは絶対性のない未来に何も求めてないんだよ。
 未来の事に「絶対」って事はないから、そういう事にあまり依存はしないですね。

・“楽しいか楽しくないか”“やめたいかやめたくないか”
 そんな直感で物事を決めてもいいと思うんですよ。
 悩みを相談してくる人は必ず“やめたいんですけど、でもね…”
 って言うんです。“でもね”はいらないんですよ。

・モットーは「努力しない」ことですかね。
 パワーINだけではだめなんですよ。
 「力を入れない」ことで成せることもあるんです。
 だって例えば女性が努力すれば「イケる」わけではないでしょ?
 力を抜いて自然体でいることでしかできないこともあるんです。

・姿勢の違いかな。
 「見る」ではなく「観る」、「聞く」ではなく「聴く」。

・僕は理想的な関係はお互いの“屁”も吸える関係だと思う。
 みんな相手にいいところばかりを見せたがるけど、
 ダメなところこそどんどん見せた方がいい。
 だから、気を遣う相手と無理してつきあおうとは思わない

・コミュニケーションは、口と舌と目をちゃんと使わないと。

・「心技体」っていうのは別々のものの集合ではなくて、
 ひとつの言葉なんです。なぜなら入れ替えた言葉がないから。
 セックスでも、これは切り離せないんですよ。
 心がない人が技持っててもダメ。
 僕の割合としては「心技体」がそれぞれ「8:1:1」ですね。ホント。

・僕のところにはセックスの悩みがたくさん寄せられる。
 セックスそのものの問題は1割に過ぎず、
 9割はコミュニケーションの問題だったりするね

・すべてのテクニックは、女性への最大限の気配りがあって、
 はじめて活かされる。

・技術が大事ではないんですよ。それを使える心を持ってないなら、
 どんなにすごい技術があっても意味がないんです。

・モノの大きさとか容姿とか、変えられないものを変えようとしても仕方ないです。
 それは気にしないこと。じゃあそんな自分に何ができるか、ですよ。

・女性のセイキの色はピンクがいいだなんて誰が決めたの。

・AVって結局撮っている物は「エロ」じゃなくて、
 男優にしろ女優にしろ「人間」なんだよ。
 被写体に対して「この人はどういう人なんだろう」って
 知ろうとしていないヤツが撮ってもいいものは出来ないと思うよ。

・セックスよりも、まず女性を好きになろう。

・相手が何を求めているのかを感じ取ろうと考え、相手から100%信頼されること。
 それはセックスだけじゃなく、すべてにおいて大事なこと。

・白画用紙と色鉛筆を渡されて、なんでもいいから好きなもの描いてください-
 というのがセックス。
 ところが、今の若者は、『何をどう描けばいいのか教えてくれ』とくる。
 失敗がイヤなんだよ。親だったら、それはお前が描け、
 失敗したら消しゴムで、消して描き直せばいい。そう言ってあげなきゃ


*ネタ元:●加藤 鷹 【名言・語録 集】 (作成中・追加中)男帝 --Dandy-- 【その2】加藤鷹さんインタビュー加藤鷹 性の哲人 (06/09)セックスもビジネスも「信頼」なしではうまくイカない…加藤鷹「エリートセックス」(幻冬舎新書)
by aru-henshusha | 2008-01-06 21:07 | 名言・言葉
合コンでモテたいなら、「一番地味でカッコ悪い男の子」としゃべりなさい?!_c0016141_459851.jpg新年早々、出版関係のマジメな記事ばっかりでつまらないよ~、とお怒りの読者さんもいるかもしれませんね(とくに女性の方)。

なんで、最後にちょっとやわらかい記事を。
当ブログお得意(?)の「男と女」ものです。

ただし、ネタ元は何とビジネス書。

まずは小さな世界で1番になる

という本の68ページから引用。

突然ですが、ここで女性読者にプレゼントです。合コンをして、参加した男の子全員にあなたのことを印象付ける方法をお教えしましょう。顔がかわいいとか、性格がいいとかは関係なしです。

方法は簡単。男の子の中で一番しゃべらない人、もしくは一番地味でカッコ悪い男の子と、異常にしゃべりまくるのです。
<中略>
合コンで成功する一番の鍵は「社会性」です。暗い男の子や地味な男の子にバンバンしゃべりかけると、この子は性格がいいと思われます。そして、男の子は基本的に負け戦をしない性格なので、少しだけ「誘っても大丈夫オーラ」を出すと、簡単に誘ってくれるのです。これが私の合コン必勝法です。
実際、カッコ悪い人に冷たい女子よりも、やさしい女子のほうが、好感度は高いと思います。

が、この著者のような「戦略性」が臭うと逆効果な気が。
(とくに「異常にしゃべりまくる」のはどうかと……)

まあ、この本も読んだことですし、今後そのような場で「僕に対して異常にしゃべりかけてくる女性」は要注意ですね。

ああ、新年早々、寂しいこと言ってしまったわ……
(ま、今年もこんな冴えないかんじで)
by aru-henshusha | 2008-01-01 05:09 | 恋愛・男女
編集者のために書く本が、いい本になる。
(ダイヤモンド社編集長・土江英明さん)
(中谷彰宏レター)

僕は、本を、読んでくれる人のために、書いています。
編集者は、ある意味、一番最初に読むことになる人です。
そういう意味では、編集者のために書いているという要素も、大きい。

『なぜあの人は人前で話すのがうまいのか』(ダイヤモンド社)は、
土江英明編集長のために書いた本です。
「こういうのを、読んで勉強してね」ではなくて、
「中谷さん、私のために、こういう本を書いてください」
と言えるところが、土江さんの類まれなる才能です。
土江さんは、どんどん偉くなって、人前で話す機会が増えているのに、
人前で話すのが苦手だと、自分で思っています。
「こういうのを作ると、売れるから」
「世の中の人が、こんなことができない人が多いから」

という動機で作られる本より、
土江さんのように、「すいません。私が読むために」
という本の作り方が、好きです。


僕自身、「自分が読みたい本」を作る、という本の作り方のほうが好きです。
これは、「面白い」だけの本も、「売れる」だけの本も、僕は作りたくはない。という記事に書いたことにも通じます。

自分が面白いと思えるから、あるいは自分にとって必要だから……
そこから出発したほうが、僕にとっては「作りたい本のイメージ」がハッキリして、いい結果になることが多いです。


ただし、本作りにおいて、それだけが「正解」だという気は、もちろんありません。
自分ではない誰か、のために本を作って、それで売れることもあります。

また、「誰か」のために本を作ることができなければ、作る本のジャンルがかなり狭まってしまう
こともありえます。

仮に、「投資」分野に強い関心を抱いている編集者がいたとしても、会社としては毎回そのジャンルの本ばかり作らせるわけにはいかない、なんてケースもあるでしょう。


編集者を長く続けるには、どちらの作り方でも、うまく本を作れるに越したことはないと思います。
*「誰かが読みたい本」ばかり作るのも、シンドイでしょうし……

同時に、「自分が読みたい本」を作り続けたいなら、「自分が読みたいこと」の範囲をジワジワ広げていくことも必要なんでしょうね。
タグ:
by aru-henshusha | 2008-01-01 04:49 | 本・出版
本来、昨日「ブログ納め」をしようとしたのですが、更新が大幅に遅れ、「ブログ初め」になってしまいました。

というわけで、本年もよろしくお願いいたします。最初は、いちおう本ネタから。

本に書き込みする人って馬鹿じゃないの?(アルファルファモザイク)

リンク先にもありますが、世の中には「本に書き込む人」と「本に書き込まない人」がいます。

僕は、本に線や文字を書き込むことが、悪いとは思いません。
*図書館の本などは別ですが

また、僕が携わっているビジネス書の世界でも、本に書き込むメリットがよく語られます。
*参考:『レバレッジ・リーディング』をレバレッジ・リーディングする


でも、僕自身は本に書き込みは一切しません。
なぜかというと、再読のとき、「書き込みに気をとられる」のが嫌なんです。

一度読んだ本を再読しているとき、自分がかって気になった言葉、そこから考えたこと……、そういった思索の跡を見つけると、ついそこに気をとられてしまう。

人によっては、それが読書の醍醐味なのかもしれませんが、僕は本の中に「過去の自分」を見つけるよりも、「現在の自分」がその本から何を感じるのかを重視します。

そのためには、まっさらな本を読んで、読むたびに違う発見をしたいのです。
(まあ、そこまで再読したい本は、あまりないのが現実ですが)

ちなみに、その本の中でどうしても覚えておきたい文章などがあれば、いまはこのブログにメモしています。
タグ:
by aru-henshusha | 2008-01-01 04:14 | 本・出版