人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha
eminemのマンネリ、snoopの冒険。_c0016141_22201277.jpg相変わらず風邪で体が重いなか、前の会社にいたときお世話になった人に、年賀状(および転職のご報告)を書く。

年賀状書きのBGM として、昨年買っておきながら、あまり聴いていなかったCDをかける。
まずはeminemの「encore」をチョイス。
正直、マンネリ感が強いように思う。

eminemって、ほとんどの曲がセルフプロデュースか、DR.DREプロデュースだからな~
たまには、他の人にプロデュースしてもらうのもアリなんじゃないだろうか。
あと、個人的には女性のヴォーカルとからんだ曲も聴きたい。
彼個人のスキルは折り紙つきだからこそ、たまに違う顔のeminemを見たいのだが。

とはいえ、表題曲「encore」のできはサスガ。

eminemのマンネリ、snoopの冒険。_c0016141_2220369.jpgそのつぎは、DR.DREに発掘されたものつながり?でsnoop doggの「R&G (Rhythm & Gangsta) 」を聴く。
このアルバムは、executive producerにThe Neptunesを迎えてるだけでなく、曲ごとのプロデュースもいろいろな人間が手がけてる。
eminemとくらべて、snoopのほうがよっぽど冒険しているように思う。
(まあ、それは柔軟性とも節操のなさとも言えるのだが)

オススメの曲は、Nellyが参加した「Girl Like U」。
# by aru-henshusha | 2005-01-03 22:47 | 音楽
マインドマップとは、一種のメモ・ノート法で、個人的に注目しているノウハウ。
言葉で説明するのも難しいので、知らない人は実例を見てください。(たとえばこんなの)

で、このマインドマップを使ってビジネス書のレビューをしようというブログを、先ほど発見。

マインドマップでビジネス書レビュ~

ただ、更新するの大変じゃないのかな、このブログ。
それに、1枚のマップにすると、どんな本でも「そんなもんか」と矮小に感じてしまうのが、ちと残念。

まあ、しばらくは温かく見守りますか。
がんばってください、管理人さん。

追記
こちらのブログのほうが元祖っぽかったですね。

MindMapで書評!!

ま、No idea is original(by Nas)ってことで。
# by aru-henshusha | 2005-01-03 02:11 | ネット・コンピュータ
夕刊フジBLOGにて、森永卓郎氏が次のように述べている。

モーレツに働いて金をかせぐか、ほどほどで快適な生活を選ぶか


だが、多くのサラリーマンはモーレツに働いて、ほどほど(以下)の賃金をもらうのが現状ではなかろうか。

正社員、パート問わず、給料は抑えられ、労働は増える。
たいていのサラリーマンは、毎日くたくただよ。
# by aru-henshusha | 2005-01-03 01:46 | 商品・企業・仕事
最近、携帯への迷惑メールが多すぎる。
しかも、その件名が、これでもかっていうほどストレート!
タイトルにあげたのも、その一例だ。

人が正月から風邪で寝込んでる時に、こんなタイトルの迷惑メールを送ってきやがって。
だいたい、パンツの裏側って、好きとか嫌いとかいう問題なんだろうか。
(しかも、勝手に「好き」って決め付けるな)

ちなみに、このメールの本文は、下にトラックバックさせていただいた記事で読める。
この方は、よりによってクリスマスにこんなメールを受信されたそうだ。
ご愁傷様です……

迷惑メール de クリスマス
# by aru-henshusha | 2005-01-02 17:05 | ネット・コンピュータ
「萌え本」人気は続くのか?_c0016141_1493855.jpg『もえたん』の大ヒットから続く「萌え本」人気は、どうやらまだ収まりそうにない。

アキバBlog(秋葉原ブログ)によると、このての本ばかり集めた平台を展開する店もあるらしい。
(ま、書店ではなくパソコンショップの書籍コーナーのようだが)

LAOXザコンの萌え書籍平台が復活のきざし?

出版界では、今年も「萌え」が重要なキーワードになるのかもしれない。
ただ、俺は死んでも作りたくないけれど。
# by aru-henshusha | 2005-01-02 01:54 | 本・出版

我は「神の子」

我は「神の子」_c0016141_2340549.jpgもう1日以上経っちゃいますが、すごかったですね~昨日のK-1、魔裟斗VS山本“KID”徳郁戦

勝負に「もしも」は禁物だけど、1Rの金的がなければ、多少流れは変わってたかなという気も。

ただ、KIDはK-1二戦目であのファイトだから本当に凄い。
自分を「神の子」と言うセンスはあれですが、昨日の試合を見て、「神の子」発言も納得です。

ちなみに、サップや曙の試合は、本当にひどかったね。
もうちょっとマッチメイクを大事に考えてもらいたい。
もとから戦意のない人間がリングに上るのは、ケガのもとでしょう。
# by aru-henshusha | 2005-01-01 23:55 | スポーツ・格闘技
年末最後に、めずらしくビジネスの話でも。

faresterさんのところで見つけた佐々木俊尚の「ITジャーナル」に、興味深い記事が。

日用品化するインターネットの生き残り策

この記事の中で、日本に新規参入する検索エンジン運営会社の社長が、大手とは違う顧客をつかむため、次のような広告戦略の仕方をあげている。

「たとえば普通のテクノロジ企業が出稿しないようなメディアに広告を出すという方法もある。たとえば家庭画報とかミセスとか、あるいはコスモポリタン、VERYみたいな雑誌とか」


なるほどな、と思う反面、多少の疑問も残る。

普通のテクノロジ企業が出稿しないのは、やはりその購読者は顧客として「ない」と思ったからでしょう。
人の狙わないところを狙うのも結構だが、裏を読みすぎると大失敗もしかねない。
ここらへんのバランスは難しい。

だいたい「コスモポリタン」「VERY]の読者は既存の検索エンジンを使いこなしているだろうしな~

まずはきっちり読者層をつかむことが肝要だろう。


*ということで、年内の更新はこれにて打ち止め。
 みなさん(って誰が見てるんだか?)、よいお年を。
# by aru-henshusha | 2004-12-31 13:39 | 商品・企業・仕事