人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha

タグ:仕事 ( 105 ) タグの人気記事

いや、下の占いでそう出たもので。

10年後の職業占い

10年後のあなたの職業は 神様です。

【解説】
10年後、失業中のあなたは求人雑誌で神様募集の記事を見つけます。半信半疑で問い合わせてみると意外なことに本物の神様でした。神様いわく「もう疲れたから誰かに神様の仕事を代わってもらいたい」とのこと。あなたは書類審査と面接に合格し晴れて神様となることができます。がんばってくださいね。


しかし、本物の神様だったら、面接とかしなくてもわかりそうなものだけどね。
by aru-henshusha | 2006-05-01 00:07 | 占い・判定
ビズに続け 今夏の流行? クール ヘア(産経新聞ENAK)

これが流行れば、「俺なんて、年中クールヘアだよ」と言いだすオッサンが続出の予感。

あなたがたの「バーコードヘア」は、「クール」を通り越してもはや「コールド」だと思いますが……
by aru-henshusha | 2006-04-18 16:13 | ファッション・美容
SMクラブの面接担当の方のお話なんて、なかなか聞けないですよね。

SMクラブの増田さんに聞きました。(てぃんくるnet)
*そのうちURL変更されます
人気が出るのは、じつは普通のコなんです。こんなコがSMを! こんなコを調教できるんだ!という感じがウケるんです。もちろん接客業なので気づかいも大切。というより、気づかいができるかどうかが採用、不採用のキーポイントになります。お客さんと一緒にプレイを楽しんでもらうことが前提ですが、お客さんを満足させることを最優先に、常にそれを気に掛けてもらわないと困りますから。
「こんなコがSMを!」というのが、いかにも男っぽい発想。

でも、実際、普通のコがすごいことをしているのが、世の中というものだと思うのですが……
by aru-henshusha | 2006-04-18 15:59 | 恋愛・男女
当ブログは「AERA」編集部にも読者がいるみたいなので、あまり刺激するようなことは書きたくないのですが……

【ファンキー通信】モテを求めない「仕事邁進女」がモテる!(livedoorニュース)
仕事邁進女がモテる 「仕事前向き」が幸せへの近道(asahi.com)

上の記事、ちょっと「読者サービス」が過ぎると思うんですよね。
とくに、<「一緒に成長」がキー>(asahi.com)というあたり。
総務省の02年の調査でも、未婚男性が結婚相手として専業主婦を望む割合は、この10年で半減し、2割を切っている。
とありますが、この調査の裏側には「共働きじゃなきゃ、結婚なんてとても出来ない」という独身低所得サラリーマンの現実もあると思うんです。
(ようは、経済的な問題で「専業主婦を望む」という選択肢が存在しない)

高級結婚相談サービスの利用者である起業家や、「メトセク」を自認する方々はともかく、普通の年収300万リーマンは「お互いの成長」よりも「家計の安定」のほうが最大関心事でしょう。

そういう人たちに「モテ」たからといって、<幸せな>結婚ができるとは限らない。
したらしたで、仕事と家事の板ばさみで、成長ままならない自分に嫌気がさすかもしれない。

「AERA」の読者には、「仕事邁進女」の方々もかなりいると思われます。
そういうコアな読者を勇気付けるという意味では、この記事は確かに価値があるでしょう。

だけど、この記事には「女の願望」はあっても、いまいち「男の本音」が感じられなくて、「AERA」がはなから想定していない低所得リーマンの僕としては、「ふ~ん」と思ってしまいます。

まあ、「おまえなんかウチの雑誌の読者ターゲットじゃないんじゃ、ボケ」と言われればそれまでですが。

たまに「ハイソな女性誌」を見ると、いろいろ発見がありますな。
by aru-henshusha | 2006-04-15 14:05 | 本・出版
まだ今年の新入社員を見ていないのですが(研修中か?)、僕が期待するのもおおむねこんなところです。

先輩が期待する新入社員の人物像とは?(夕刊フジBLOG)
新入社員に対して一番重要視するのは、「言葉遣い」(19・9%)、「あいさつ」(18・8%)、「素直さ」(17・3%)の順。「学歴」はわずか0・1%で、頭の良さ以前に「尊敬語や謙譲語など最低限の言葉遣いやあいさつができない」ことが気になるようだ
実際、新卒の学生が「使い物」になるには半年とか一年かかりますから、その間、最低限のコミュニケーション・スキルだけは発揮してもらいたいものです。

なお、編集者として(個人的に)新入社員に期待したいことは、「体力」「雑学力」などがあります。

面白くてよく働く人間が入ってきたら、「よし、やるか」と思うので。
by aru-henshusha | 2006-04-03 13:06 | 商品・企業・仕事