人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha
まあ、僕の母校も、ベスト10にはカスってもいませんでしたがね。

いちばん検索数の多い大学はどこ?(Yahoo!検索ランキング)

1位早稲田大学
2位明治大学
3位東京大学
4位関西大学
5位法政大学
6位日本大学
7位立命館大学
8位中央大学
9位東洋大学
10位京都大学

しかし、慶應大学が10位以内に入っていなかったのは意外。

受験者数の問題? それとも検索ワードが「慶応」「慶應」に割れてしまうから?
謎です。
by aru-henshusha | 2008-01-21 01:33 | 学問・勉強
久しぶりの更新で、いきなり不勉強なことを告白しますが……

なんとなく信じちゃっていた都市伝説ランキング(goo ランキング)

1 富士の樹海では方位磁針が正常に動作しない
2 病院での死体洗いのアルバイト
3 「ゆとり教育」世代は円周率を3と習っている
4 三人で写真を撮ると真ん中の人が早死にする
5 警察署の取調室ではカツ丼が出る
*以下、30位まで

恥ずかしながら、赤字で示した、

「ゆとり教育」世代は円周率を3と習っている

を、僕もいままで信じていたんですよねぇ。

でも、本当は違うそうで……

円周率は3
「円周率は3で計算」というイメージは「ゆとり教育」の象徴として流布しているが、学習指導要領における記述は正確には「(4) 内容の「B量と測定」の(1)のイ及び「C図形」の(1)のエについては、円周率としては3.14を用いるが、目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする。」(平成10年度告示・平成14年度施行小学校学習指導要領・小学校5年・算数)であり、「3.14を教えない」というのは誤解あるいは曲解(意図的なものも含めて)である。2002年度から使用されている小学校5年生の算数の教科書には、しっかりと「円周率は3.14」と明記されている。
学習塾やらマスコミの情報にノセられてしまっていたようです。
われながらリテラシーが……
by aru-henshusha | 2007-08-08 02:22 | 学問・勉強
前の記事に時間をかけてしまったので、こちらはサラッと。

数学者と統計学者と会計士(アルファルファモザイク)
数学者と統計学者と会計士が、同じ仕事に応募した.

面接官は数学者を呼び入れて,問った.
「2+2は何になりますか?」数学者は「4です」と答えた.

面接官は念をおした.「ぴったり 4ですか?」数学者は疑わしいような姿で面接官を報告,答えた.「はい.ぴったり 4です」

次に面接官は統計学者を呼んで入れて同じ質問をした.
「2+2は何になりますか?」統計学者は「平均して,4.誤差 10パーセントですが,だいたい 4です

終わりに面接官は会計士を呼び入れて,同じ質問をした.「2たす 2は何になりますか?」
会計士はドアに鍵をかけて窓のシェードを下げて,面接官の横に座って問った.
2+2をいくつにしたいんですか?
いやぁ、これはブラック。

ちなみに、仕事柄、会計士の方との付き合いも少しありますが、こういう人は少数派だと思います……
by aru-henshusha | 2007-05-24 13:46 | ユーモア・ネタ
「中学入試に強い作家」は、重松清、あさのあつこ、伊集院静。_c0016141_1332586.jpg明日も早いのでサラッと転載でご勘弁。

入試問題、作者がらり一変 小説家に「世代交代」(asahi.com)

ちなみに、
「10年前の1位は灰谷健次郎。森本哲郎、外山滋比古らの論説文が多く、文芸作品では井上靖、宮沢賢治、幸田文といった顔ぶれだった」
とか。

時代の移り変わりで新しい作家が出てくる(注目される)こともあるでしょうが、同時に出題する先生の読書傾向も変わっているのでしょうか……
タグ:
by aru-henshusha | 2007-04-20 01:47 | 本・出版
最近、読んでいる本にこんな記述があった。

むかし、上野千鶴子氏の東大での授業に出たことがあるが、その際上野氏は学生に向かって、「勘違いしないでくださいよ、あなたがたが思いつくようなことはもう誰かが考えているに決まっているんです」と言っていたのだが、その通りなのである。(『すばらしき愚民社会』)
なるほど、学問の世界では、上のような発言は正しいのかもしれない。

けれど、これが文学の世界になると、すこし違ってくるようだ。

「無銭優雅」の山田詠美さん(YOMIURI ONLINE)
本好きの詠美さんが選んだ古今東西の恋愛小説の一節が挟み込まれているのも新作の醍醐味(だいごみ)だ。堀辰雄『風立ちぬ』から勝目梓『悦楽』まで21作品が二人の波乱含みの恋のスパイスになっている。

名作を読み、もう書くことはないと打ちひしがれることはなかったのか、と聞くと

自分が書きたいことは、先人によって書かれているという畏怖(いふ)を持つことから書くことは始まる」と即答した。「とっくに書かれているかもしれないという制限があるからこそ小説は自由。いかに私にしかない言葉の組み合わせで新しい表現が出来るか、逆に意欲がわいてくるんです
ちょっと禅問答のようだけど、言わんとすることは何となくわかる気がする。

たとえ、先人と同じようなことを考えついたとしても、そこに自分なりの表現を「上書き」していくのが文学というものではないか。

書き尽くされているから終わりではなく、そこからが、まさにスタートなのだと思う。
タグ:
by aru-henshusha | 2007-03-08 02:46 | 本・出版
男性と女性では、思ったよりもランキングが異なっています。

社会に出てから役立った科目は「国語」が1位(オリコンキャリア)

社会に出てから役に立った科目

●男性
1 数学
2 英語
2 国語
4 情報処理(パソコン等)
5 地理
6 政治経済
7 歴史
8 物理
9 法律

9 簿記

●女性

1 国語
2 英語
3 情報処理(パソコン等)
4 数学
5 簿記
6 歴史
6 地理
8 政治経済
9 会計
10 生物

*太字は男性・女性でかぶらなかった科目

順位や、男性のみ・女性のみに登場する科目に注目すると、性別ごとにどのような仕事につく傾向が強いのか、うっすらとですが見えてくるかもしれません。

なお、僕自身、社会に出て「国語」はとても役に立っていると感じますが、同時に、もっと多くの科目に浅く広くふれておけばよかったかなぁとも思います。

地理・物理から法律・政治経済まで、本づくりに必要となる知識って無限ですからねぇ……
by aru-henshusha | 2007-03-05 14:24 | 学問・勉強
見出しだけで、言いたいことは、ほぼ言ってしまったのですが……

もう「エッチ大」とは呼ばせない 英知大学が校名変更へ(asahi.com)
カトリック系の英知大学(兵庫県尼崎市、学生数850人)は08年度から、名称を「大阪聖トマス大学」と改めることを決めた。

62年の前身の短大設立以来、聖書にも出てくる「英知」を使ってきたが、「エッチ大」と学生がからかわれることや、インターネットで検索するとアダルト系雑誌の発売元の英知出版がヒットすることが学内で問題になっていた。担当者は「高校生が志望校をネットで検索する今、イメージは重要で、対応が必要と判断した」と話す。
この記事にあるように、英知出版がアダルト系雑誌の「発売元」であることには変わりません。

でも、細かいことを言えば、その雑誌を作ってるのは、いちおう別会社なんですよねぇ。
(僕も今回調べて知ったのだけど)

英知出版(Wikipedia)
主に男性向け雑誌、特にアダルト系雑誌、グラビア雑誌の発行元として知られているが、現在は男性向け雑誌の発行元は株式会社ジーオーティーに移行。趣味・実用系の雑誌・書籍の発行が中心である。

英知出版HP(自社の発行物しか乗っていないので、いたって健全)

そもそも、エロ本売ってる版元と名前がかぶってるからといって、「問題」というのは大げさすぎる気もするのですがね。
(単に自分が、「Beppin」「デラべっぴん」に、お世話になった世代だからかもしれませんが……)

「英知」という言葉は、そんなにヤワなもんじゃないだろうと。
by aru-henshusha | 2007-01-13 17:16 | 本・出版
大人の日本人からすると、さすがに「難しい」とは思えないかな?

日本の小学校入学試験問題「難しすぎる」韓国で話題(中央日報)

リンク先で紹介されているのは、慶応義塾大学付属小学校の入試問題だとか。
小学校受験事情には疎いのですが、ほかの小学校の入試問題に比べると、やはり難易度は高いのかも。

あと、問5のカエルの問題は、たしかにユニークですね。
キャラクターがけろけろけろっぴに似てるのが、ちと気になりますが……
タグ:
by aru-henshusha | 2006-12-16 17:16 | 学問・勉強
何で今さらこの話と思うかもしれませんが、まあこんなニュースもあることですし。

窪塚洋介 2 転落事故(Wikipedia)

リンク先の試算によれば「時速約14キロで地面から水平方向に飛び出したことになる」のだとか。

まあ、時速14キロといわれてもいまいちピンとこないのですが、ふつうに歩くときの3~4倍のスピードってことでしょうか。

いったいそんな速さで、どこに行こうとしてたんでしょうかねぇ。
ま、いまもどこに行こうとしてるのか、よくわかりませんけど。
by aru-henshusha | 2006-06-24 18:54 | 芸能人・TV