人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha
「当たり前のこと」が「当たり前」に書かれている。だから、この本はすばらしい。_c0016141_16192040.jpg正直に書こう。
僕はいま、緊張している。

なぜか? それは、いまから、この本の感想を書くからだ。

はじめての課長の教科書

この本は、じつは発行元の出版社を通じて、「著者」が僕に送ってきた。
偶然にも、著者は僕と同じエキサイトブロガー(ブログ名:NED-WLT)で、以前から当ブログを読んでいたらしい。

そんな、細い、でも不思議な縁で、この本は僕の手元に届いた。
逆に、僕がこれから書く感想は、確実にこの本の著者の元に届くはずだ。


こういうたとえが適当かどうかは知らないが、僕はこの感想を「僕と著者との真剣勝負」だと思っている。

本を、書きました。(NED-WLT)

でこの本にかける著者の想いを知り、僕は、この感想は「ガチンコ」で書かなければいけないと思ってきた。

必要以上に褒めるわけでもなく、必要以上に貶めるでもなく、他社の編集者である僕の「政治的な立場」もひとまずおき、いまの自分がこの本を読んで感じたことを、正確に、誠実に書く。

そう、そういう姿勢で、いまから感想を書いていく。
(続きは下のリンクから)

「真剣勝負」の続きはこちら
by aru-henshusha | 2008-03-10 16:28 | 本・出版
ミスを犯したとき、「謝る」以上に大切なこと。_c0016141_2099.jpg先日、担当編集者の方からいただいたこの本。

最小の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

仕組み」という切り口で、いま流行のレバレッジのきいた仕事のやり方を紹介する一冊です。

本日、正式発売日を迎えたようなので、「なるほど」と思ったところを少しだけ紹介させていただきます。




仕事にミスやトラブルはつきものです。どんなに注意深く作業しても、思ってもいなかったところに間違いが見つかったりします。(中略)だとしたら、トラブルへの対策として、仕事に次のような「仕組み」をつくることを考えるといいでしょう。

①ミスやトラブルが生じる可能性をできるだけ少なくするための「仕組み」をつくる
②ミスやトラブルが生じても、それを早い段階で発見できる「仕組み」をつくる
③ミスやトラブルが生じたときにもすばやく対応できる「仕組み」をつくる


ちなみに私の会社では、スタッフが仕事でミスやトラブルを起こしても、一回目であれば怒らないことにしています。「今後は気をつけます」というような、(本当にそう思っていたとしても)あいまいで実態のない謝罪をさせても意味がないと考えるからです。(同書 65Pより)
実は、これに似たことが、こちらのブログにも書かれていました。

ミスがあったときの対処(MORI LOG ACADEMY)
ミスがあったときの対処について書こう。もちろん、最初にすべきことは、同様のミスがほかにもないか、という調査である。そして、その確認が終わったら、将来に向けて、どのような手を打つかを決めることだ。
たとえば僕の場合、自分でミスをしたら、やり方を変える。誰かに仕事を依頼して、そこでミスがあったときには、その依頼方法を必ず変更する。同じ手順では、また同じミスが起こる可能性がある。その人が「今後は充分に気をつけます」といくら謝っても、変更は必要だ。これは、その人間を責めているのではなく、僕の依頼のし方が悪かった、と反省しているためである。その人は大丈夫でも、違う担当者になったら、またミスが出るかもしれない。人に伝達されたときには、「以後はしっかりやろう」という意気込みまでは伝わらないのである。
僕自身、最近、仕事上でミス(しかも結構重大な)を犯したことがあります。
しかも、まずかったのは、同じようなミスを二回も続けてしまったんです。

あのときほど、「仕組み」をつくる、あるいは「やり方」を見直すことの重要性が身にしみたことはありません。

反省だけなら猿でもできる……
人間ならば、ミスを犯したとき、謝る以上にやらなければいけないことがありますよね。


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
by aru-henshusha | 2008-03-03 02:28 | 本・出版
「自分」というのは、探すもの? 決めるもの? 作るもの?_c0016141_1973983.jpgう~ん、困ったなぁ。

先日、ソフトバンクパブリッシングの編集者さんから献本された2冊のうちの、残りの1冊、

自分探しが止まらない

が、先に小飼弾さんに書評されてしまった。

探すな決めろ - 書評 - 自分探しが止まらない
(404 Blog Not Found)

僕が言いたかったこと、あるいはそれ以上のことが、すでに書かれていて、正直、やりづらい。

ただ、若干付け足せる要素があると思うので、恥を忍んで、後追い書評(というか感想)を書いておく。


この本を読んで、まず思ったのは、「よく調べたなぁ」ということ。

何せ、「自分探し」をキーワードに、あらゆる人物、作品、現象などが語られる。

中田英寿、須藤元気 、『あいのり』、イラクで殺された香田さん、高遠菜穂子、高橋歩とサンクチュアリ出版、自己啓発セミナー、フリーター問題、猿岩石、『絶対内定』、軌保博光(注:てんつくマン、のほうが通じるか?)、ホワイトバンド、共同出版ビジネス、自己啓発系居酒屋「てっぺん」、『ザ・ビーチ』、梅田望夫……

各対象の論じ方の深い浅いはあるものの、この1冊で、いまの「自分探し」ブームの大部分をカバーできるのは間違いない。

なかでも、一部の自己啓発書、あるいはその著者について書かれた部分は、そういった本を実際に作っている編集者の僕でさえ知らない暗部(とあえて書いておく)に迫っており、色々考えさせられた。


さて、次に僕が思ったのは、「じゃあ、どうすればいいのよ?」ということである。

著者も書いているように、この本は、

自分探しの若者をテーマにしながらも、彼らをそこから救うような手立てについて何ひとつ提示できていない

いや、この点を責めようとは別に思ってないのだ。
だからこそ、著者も編集も、『自分探しが止まらない』というタイトルにしたんだろうし。

けれど、読んでいるほうとしては、やはり気になる。

もしも「自分探しを止めたい」という人がいたら、どうすればいいのだろう?


一つの答えは、先にリンクした記事で小飼さんが言っている、

あえて自分を決めてしまう

ということなのだろう(詳しくはリンク先を参照のこと)


そして、もう一つの答えになりそうなものは、たまたま最近読んだ本に書かれていた。
(皮肉なことに、この本も一種の「自己啓発書」だが)

*以下、『汗をかかずにトップを奪え!』74ページより引用
そう、自分探しを強調する連中ほど、ほんとうは「自分」を見つけたくないのだ。
ほんとうの自分、ちっぽけな自分、無力で情けない自分を認めるのがイヤだから、いつまでも「探し」続けている。それだけなのである。
仕事は探せ。そして職についてからも、探し続けろ。(中略)
しかし、自分は探すな。必要なのは「自分探し」ではなく、一段ずつ自分を積み上げていく「自分づくり」なのである。
これはちょうど、「探す」と「決める」の間のポジションとでも言えばいいのだろうか。


と、ここまで書いて思ったのだけど、「自分」と付き合う一つのパターンとして、

「探す→作る→決める」


という一連の流れがあるかもしれない。

僕自身に当てはめれば、まず編集者という職を「探し」、さらにビジネス書という比較的自分の力を発揮できそうなジャンルに出合い、いまはそこでキャリアを「作って」いる状態だ。

ただし、その次のステップ、「決める」に進む自信であったり、思い切りがないのが、悩みではあるのだが。


以上、ダラダラ書いてきたわりに、あまり有益なことを書けていない気もするが、本書は、久しぶりにじっくり物事を考えるきっかけをくれた一冊であった。


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
by aru-henshusha | 2008-02-16 20:08 | 本・出版
人気ケータイ小説が今すぐ書けるようになる、7つの魔法のキーワード。_c0016141_13222631.jpgいただいた本から、面白いネタをひろいました。

ネタ元は、ソフトバンクパブリッシングの編集者さんから、2冊送られてきたうちの1冊(もう1冊は土日に拝読します)。

なぜケータイ小説は売れるのか

この本の冒頭に、人気ケータイ小説に共通する、
7つのキーワード(本文中では「大罪」)が整理されていました。

以下に、それらのキーワードを転記します。()内は僕の補足です。

●人気ケータイ小説が今すぐ書けるようになる
7つの魔法のキーワード


①売春
(売春といっても「援助交際」がメイン。最近では女性がホストを「買う」パターンもあるとか)

②レイプ
(実際には「輪姦」がほとんど。ちなみに、『恋空』は、上巻34Pで普通のセックス、
42P目でいきなりレイプ、というハイスピード展開らしい)

③妊娠
(レイプ、あるいは彼氏とのセックス後に高い確率で。「中絶」という選択肢は、ほぼない)

④薬物
(東京が舞台の小説だと覚せい剤なども登場するが、地方が舞台だとシンナーどまりだとか)

⑤不治の病
(主人公の彼氏・彼女は高確率で死ぬそうで。しかも病名はガンかエイズ……)

⑥自殺
(ただでさえ病死が多いのに、自殺も頻繁に起こるのだとか。
これくらい人が死んだほうが「リアル」なんですかね?)

⑦真実の愛
(①~⑥の苦しみを一気に帳消しにしてくれるのが、彼氏や授かった命により目覚める
「真実の愛」なんだそうで。意外とクラシックなオチなんです)


これらのキーワード(テーマ)をドンドンぶち込んでいけば、
誰でも簡単に、ケータイ小説らしきものが書けそうです。


そんなこといっても、そもそも、「ケータイ小説の文章」の書き方がわからない、
という人はこちらを参考にしては、どうでしょう?

ケータイ小説のガイドライン(アルファルファモザイク)

でも、この「文体」を真似するの、意外と大変かも……


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
タグ:
by aru-henshusha | 2008-02-14 13:26 | 本・出版
45歳からのセックスをより楽しくする、12のステップ。_c0016141_161998.jpgまたまた、献本ネタです。担当編集者の方からいただきました。

45歳からのスローなセックス

タイトルを見て、思わず自分の年齢を確認してしまいましたが、正直、45歳までにはまだ何年もありまして……

もっとも、「転ばぬ先の杖」として送っていただいたのかもしれず、「予習」感覚で読ませていただきました。


それにしても、45歳からのセックスは「自分の体とどう向き合うか」が大事になるのですね。
それは以下の目次(抜粋)を見てもよくわかります。

・45歳を過ぎると男性機能にどんな変化が起こるのか
・中高年男性の悩みベスト5
・バイアグラをどう使うか
・心臓に疾患のある人が気をつけるべきこと
・酒とタバコはどう影響するか
・前立腺肥大への対処法
・男性ホルモンが減少すると……
・勃起障害(ED)を乗り越える

で、極めつけが「腰痛や関節痛に悩む人」のためのセックスのポイント。
オレにはまだ関係ないという若人も、あちこち痛み出した年代の人も、参考にしてくださいませ。
(以下、同書129ページより抜粋・再構成)

●セックスをより楽しむための12のステップ
ステップ1 パートナーに協力を求める *押したら痛い部分などを教えるのだとか
ステップ2 「痛い!」のさりげない合図を決めておく
ステップ3 体調のいい時間帯に
ステップ4 治療薬が効いているときに *切実ですね……
ステップ5 有効な治療法を選ぶ
ステップ6 準備体操をする
ステップ7 お風呂で温める
ステップ8 潤滑ローションを使う
ステップ9 楽な体位で
ステップ10 調子が悪ければ手と口で、手がダメなら口だけで 
ステップ11 もしうつ状態に陥ってしまったら *とにかくお医者さんへ、ということです
ステップ12 前向きな姿勢を失わない

というわけで、「その日」が来たら、また読み返したい本です……


*当ブログへの献本は、以下のルールに則っていただける限り、歓迎いたします。
当ブログへの「献本ルール」を、ここらでハッキリ決めようと思います。
by aru-henshusha | 2008-02-02 01:31 | 本・出版
多く売れるのが幸せか? 長く売れるのが幸せか?_c0016141_046374.jpgもともと自分で買おうと思っていたこの本なのですが、タイミングよく出版社の方からいただきました(しかもサイン本!)。

漫画ノート

じつは、この本に関する裏話を、少しだけ僕は知っています。
といっても、この本の関係者なわけではありません。

以前、著者のいしかわじゅんさんのトークイベントに行ったとき、ご本人がこの本の誕生秘話を明かしていたのです。


この本は、かつて、いしかわさんが晶文社から出された、漫画評論、
漫画の時間』の続編にあたります。

しかし、詳しい経緯は省きますが、この本自体は違う出版社で出そうということになりました。
そこで手を挙げたのが、今回実際に本を出したバジリコと、他のA社・B社です。
(*注 3社とも、以前いしかわさんと仕事をされた編集者が在籍しています)

同業者として正直に言えば、他の2社はバジリコと比べ物にならないくらいの、超大手です。
営業力・宣伝力、あるいは初版部数から何から各種条件を含めて、
圧倒的にバジリコより「販売力」がある会社でしょう。

でも、いしかわさんは最終的にバジリコで本を出すことを選んだ。
その理由を彼はこう語っていました。

3社の中で、バジリコの編集者が、一番長くこの本を売るって言ってくれたから


この言葉、少し説明が必要かもしれません。

大手の出版社になると、一年に発行する本は数百点、多いところでは千点を超えます。

当然、それらの本の在庫すべてを、いつまでも倉庫で保管できるわけではありません。
売れない本から頃合を見て絶版にする、つまり二度と書店に並ばなくなるわけです。

もちろん、ある程度売れる本であれば、適宜増刷をかけて、売り延ばすこともできるでしょう。

しかし、大手出版社の場合は文庫を持っているところが多く、
3年もすれば、単行本から文庫に衣替えする本が少なくないはずです。

また、点数を多く出している限り、「残す本」の基準は多少シビアになるのではないかと思います。


一方、一年に発行する点数が少ない出版社は、その会社の体力・状況にもよりますが、
比較的、一点一点の本を長く売ることができます。
(会社によっては、<自社の出版物を絶版にしない>とさえ明言しています)

大手と違って、「短期間でどんどん刷って大ベストセラーに」とはいかないかもしれませんが、
そのぶん、一冊の本を「ロングセラー」にできる可能性があるのです。


多く売れるのが幸せか、長く売れるのが幸せかは、著者それぞれで違うでしょう。

僕が仕事をするビジネス系の著者には、

「べつに長く売れなくてもいいから、そのぶん初版をドーンと刷ってよ」

という人も多いです(うちみたいな弱小出版社ではその要望に応えかねることも多いですが)

普段そういう人と付き合っているからか、いしかわさんの言葉は、僕にはとても新鮮でした。

べつに、著者として、どちらのスタンスがいいかとかではなくて、
ああ、そういうスタンスもあるよなぁ、と改めて思えた話でした。


先日いただいたこの本は、お世辞ではなく長く売れ続けると思います。

そういう本を書いた著者も、つくった編集者も、出した出版社も、読む僕たちも、
きっと幸せな気持ちになれる一冊です。
タグ:
by aru-henshusha | 2008-02-02 00:54 | 本・出版
【献本】『時速1000字で書く技術』_c0016141_2354280.jpg担当編集者の方から献本していただきました。

時速1000字で書く技術

文章作成のプロセスを、

考える
  ↓
メモを作る
  ↓
文章化する
  ↓
推敲する


の4つにわけ、とくにメモ作成について紙面を割いた本。

内容はベーシックですが、その分実用性が高いです。
「時速1000字」という切り口も優れた良書。

ネタにはしませんでしたが、オススメです。
タグ:
by aru-henshusha | 2008-01-28 23:59 | 本・出版
【献本】『がんばれ!銚子電鉄 ローカル鉄道とまちづくり』_c0016141_13311880.jpgというわけで、さっそく献本いただいた本のご紹介。担当編集者さんからいただきました。

がんばれ!銚子電鉄 ローカル鉄道とまちづくり

例の「ぬれせんべい」騒動で話題になった会社さんです。

(参考:「敗北宣言」が呼び込んだ奇跡の復活 『がんばれ!銚子電鉄』その1

僕が「鉄っちゃん」だったら、うまくネタ可できたかもしれませんが、そうではないので残念……
(ただし、友人にはそっち系の人が多いです)
タグ:
by aru-henshusha | 2008-01-25 13:38 | 本・出版
ちょっと堅苦しい話になりそうなので、軽いネタが好きな人はスルーの方向でお願いします。


じつは、ここ一年ぐらいで、当ブログ(管理人)への「献本」がだんだん増えてきました。
早い話、「面白い本作ったので、ブログで紹介してよ」と、知り合いの編集者さんなり、ライターさんなりが、僕に本を送ってくるわけです。


ところが、僕としては、このブログには「自分が気になった」人・事・物しか取り上げないと決めています。
また、せっかくいい本を頂いても、つくりによっては「ネタ」として紹介できないものも少なくありません(ネタとして取り上げやすい本については、文末を参照してください)

それらの本は、せっかく送っていただいても、スルーしてきたのが現状です。


ただ、そういう「ルール」を厳密に運用していると、正直、心理的な負担は大きくなります。

相手としては紹介してほしい。こちらだって、できれば紹介したい。でも、できない。
そんな本がたまってくると、それはそれでストレスなのですね。

なので、その方針を少し変え、以下に、
「当ブログへの献本ルール」および「献本後の対応」
として明文化したいと思います。

●当ブログへの献本ルール
・すでに僕と面識がある方は、直接会社へ送ってください
(間違っても「ある編集者」宛とは書かないでください……)
・僕と面識がない方で、どうしても僕に送りたいという方は、付近に「ある編集者」を知っている人がいないか探してください。見つけられた場合のみ、「その人を経由する形」で送ってください(所属・個人情報を聞いたりはしないでください)
・プレスリリース等は同封いただいたほうが、アタリがつけやすくなるので嬉しいです

●献本後の対応
・基本的に「何日に紹介してくれ」というお願いには応えられないと思ってください
(ただいま、普通の記事の更新もままならぬほど多忙です……)
・「著者の方からいただいた」「出版社の方から献本された」という点は明記して紹介します
・いただいた本は<ネタにできるかどうか>で、次の2パターンで紹介します

 ①ネタにできない場合→「【献本】『書名』」という見出しをつけ、こういう本をいただきました、という事実とアマゾンへのリンクをはって、紹介します
 ②ネタにできる場合→オリジナルの見出しをつけ、本の面白いところを引用する形で「ネタ」として紹介します。アマゾンへのリンクもはります
・当ブログでネタにしやすいのは、こんな本です
 出版・仕事・恋愛・エロ系などの軽い読み物、あるいは名言集などで、面白い言葉・データが引用しやすいもの
・参考ですが、当ブログの平均訪問者数は現在1日2000人強です。正直、僕より先に献本すべきブロガーはたくさんいると思いますが、強いて言えば業界関係者の読者が多いのが強みかもしれません

*追記ケータイ小説は一冊読めば十分ですので、以降献本は受け付けません

まあ、ここまでゴチャゴチャ書いたら、かえって献本が来なくなるような気もしますが、それはそれで。
出版界の片隅にいる者としては、他社の本でも自社の本でも、面白い本は盛り上げていきたい、というのは正直な想いです。
by aru-henshusha | 2008-01-25 13:26 | 本・出版