人気ブログランキング |

ある編集者の気になる人・事・物を記録したブログ。ときおり業界の噂とグチも。


by aru-henshusha
これは顛末を見守りたいプロジェクト。

まずタイトルを決めろ、話はそれからだ──というケータイ文学賞(ITmedia)
*ネタ元:booplog

「こういうタイトル、こういう表紙、こういう内容の本が読みたい」

という希望と寸分違わぬ小説が出来上がったときに、“本当に面白い”のかどうかが気になります。

全部が全部「想定内」だと、かえって面白くないんじゃないかという気も……

「(いい意味で)読者の期待を裏切る」のも、文学に必要なことではないかと思ったりもします。
タグ:
by aru-henshusha | 2006-03-29 18:32 | 本・出版
ブログやsnsなどで、ハンドルネームをつける機会が増えると、こういう悩みもでるのかと。

ハンドルネームの上手な決め方を教えて下さい。(大手小町)

・「ちゃん」とか「さん」とか「くん」は付けない(レスするとき敬称がかぶる)
・投稿内容に合わせて作る(ペット関連→ペットの名前をアレンジ、姑関係→打倒姑)
・自分のイメージの出る動物や物などをたとえで出す
・多いハンドルネームは避ける
・出身地にちなむ…例えば、名産品や旧跡の名前をつけてみる。
・趣味にちなむ…ゲームやまんが、小説が好きならば、キャラクターネームを少しひねってみる。
・オフ会で呼ばれても恥ずかしくない名前にする


というように、みなさん、自分なりのお約束にもとづいてつけているようです。

ちなみに、自分の場合はブログの名前からとったので、楽でしたね。

「aru-henshusha」「ある編集者」「aru-hen」「ある編」と、時と場合で使い分けてます。
(まちがっても「ある変」とはしないでください……)
by aru-henshusha | 2006-03-28 20:13 | ネット・コンピュータ
「クビ」はさすがに大げさですが、私的な用途として注意を受ける可能性も?

社内ネット利用、“御法度”5カ条(夕刊フジBLOG)

【タブー1】会社のパソコンでアダルトサイトをこっそり見た
【タブー2】会社のパソコンで、休日前に天気予報をチェックした
【タブー3】デートの約束をメールで知らせようとして、社内のパソコンを使った
【タブー4】仕事を自宅で持ち帰るために、データをCD-ROMに収録した
【タブー5】転職前の会社で得た顧客情報を次の会社で使った


というわけで、上にあげた5つのようなタブーは、できるだけ慎むべきだとか。

まあ、僕ら編集者は、たいていのサイトを見てても「企画の参考にしてました」で逃げることができそうですけどね……
by aru-henshusha | 2006-03-28 13:59 | 商品・企業・仕事
ひじょうに素朴な疑問ですが……

Vol.32 「お店は源氏名じゃなきゃダメですか?」(てぃんくるnet)
まず、プライベートと仕事の切り替えがしやすいという点。源氏名を使うことによって、日常生活を切り離すことができるので、楽な気持ちで仕事に臨めます。 
さらに、お店で源氏名のキャラクターを演じることで、本来の自分の性格やプライベートな情報を封印することができます。てぃんくら~(注 「てぃんくる」愛読者)は、お客さんにひとときの夢を見せるのが商売です。お店での会話や行動でプライベートをさらけ出し、お客さんを幻滅させるぐらいなら、きれいなウソをついて夢を見せてあげたほうが賢明。 
(中略)
源氏名を名乗っている限りは別人でいられるので、ウソをついた負い目も半減します。 本名で仕事をしている人もいるようですが、セキュリティ面や知人バレを防止する意味でも、源氏名の使用はオススメです。
セキュリティ面だけでなく、精神的なメリットもあるようです。

ま、しょせんは非日常の世界ですもんね。
by aru-henshusha | 2006-03-27 13:02 | 商品・企業・仕事
かなり酔っ払いながらも、1ネタだけ更新。

彼氏(彼女)が所有する元カノ(カレ)アイテムを許せる?(コトノハ)

個人的には、べつに持っていてもいいと思う。
ただ、ことさら「元カレがくれた」ということをアピールされても困るけど。

物を捨てても思い出や一緒にいた時間は消えないわけだし、そのまま持ってればいいじゃんと思いますけどねぇ。
by aru-henshusha | 2006-03-27 01:05 | 恋愛・男女